【評判】映画ローグワン スターウォーズは前半駄作だが後半名作 / 前半は寝ていい「本当に勘弁してくれよ」

Rogue One: A Star Wars Story


rogue-one-a-star-wars-story2

新作映画「ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー」。結論を先に言ってしまうと「思い出補正」や「設定映画」という部分を考慮しても、残念な作品と言わざるを得ない。

・前半駄作だが後半名作
残念という表現は「完全なる名作」になり切れなかったという意味であり、非常にもったいない作品という意味でもある。率直にいえば「前半駄作だが後半名作」であり、極端な話、前半は寝ててもいいと思えるくらい酷い。「後半を楽しませるために前半があるんだよ」という意見もあるかもしれないが、それはありえない。「後半のために前半がつまらない」なんて言い訳は通用しない。

・楽しませる努力が感じられない
前半の酷さ、本当に勘弁してくれよ。ファンがひいき目に見ても退屈かつ平坦な展開で「アチャー! もしかして駄作になっちゃったかな~?」と不安を抱かせる流れになっており、物語に起伏もなければ、主人公も脇役もキャラクターとしての魅力が皆無。

冒頭数十分に人物紹介をしつつ感情移入させ、バックストーリーで重みをつけようとしているのはわかるが、「スター・ウォーズ」という設定におんぶしているだけであり、観客を楽しませようという努力が感じられない。そう、「スター・ウォーズ」という設定を「より魅力あるものにしよう」という作品への愛が、前半で感じられないのだ。

rogue-one-a-star-wars-story1

・知識なしでも後半は楽しめる
しかしながら、後半はどうだ。スタッフが別人なんじゃないかと思えるほど魅力ある「濃密な展開」を魅せてくれる。ネタバレは皆無にしたいので詳しくは語らないが、後半は「たとえスター・ウォーズ知識が0の客が見てもそこそこ楽しめる展開」といえばわかりやすいだろうか。

・後半はほぼ完璧に近いデキ
しいて後半のダメポイントを語るならば、ふたつある。ひとつめは、せっかく魅力あるキャラクターを出しておきながら、まったく生かせず終わらせた点。スタッフに、お前は本当にキャラクターを大切にしているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。お前、奇抜なキャラクターを出したかっただけちゃうんかと。

ファンを喜ばせようとして逆に酷い描写となった「いらないラストカット」もツライ。観ているほうが恥ずかしくなるからやめてほしいカットである。しかし、そんなダメポイントがあったとしても、後半は類稀なる高揚感と緊張感を誘(いざな)い、高い評価を与えるべきである。

・釈然としない気持ちで食べたら激ウマだった
この作品を外食たとえるならば、レストランで注文した料理がなかなか出てこないので、ずっと水を飲んでいる状態が1時間以上も続き(水だけは頻繁に注いでくれる)、店員に文句を言おうとした瞬間に料理が出てきたので怒る気が失せ、釈然としない気持ちで食べたら激ウマだった! それがこの「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。

もっと詳しく読む: ローグワン スターウォーズの最速レビュー(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/12/16/rogue-one-a-star-wars-story/

執筆: 是月兎

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

映画の新着記事一覧