【衝撃】ハリウッド映画「ワンダーウーマン」の中国語名が強烈インパクトすぎる件! その名も神力女超人(笑)

Wonder Woman


woman

2017年8月25日に公開予定のハリウッド映画「ワンダーウーマン」。もともとアメリカンコミック「DCコミックス」に当時擁した人気のスーパーヒロインで、すでに公開済みの人気映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にも重要人物として登場した。

・中国語タイトルがあまりにも強烈
そんな「ワンダーウーマン」がついに映画化されたわけだが、その中国語タイトルがあまりにも強烈なインパクトすぎて、日本人の間で密かに話題となっている。いったいどんなタイトルになっているのか?

・あまりにも滑稽に感じる!?
そのタイトルは「神力女超人」。まあ、神のように力を持った凄い女性という意味では、確かに間違いではない。しかし日本人からするとあまりにも滑稽に感じてしまうのも事実。そもそも原題の「ワンダーウーマン」でさえ若干のダサさを感じるタイトルなのだが、さすがに「神力女超人」の破壊力と比べれば非常にまともに思える。

・コスチュームも「ダサさをぬぐえない」
とはいえ、映画はタイトルですべてが決まるわけではない。何よりも大切なのは内容だ。コスチュームも「ダサさをぬぐえない」と言われている今作だが、はたして、映画ファンを満足させる出来になっているのか、注目したいところである。

もっと詳しく読む: ハリウッド映画「ワンダーウーマン」の中国語名が強烈インパクトすぎる件! その名も神力女超人(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/05/24/wonder-woman-movie/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

映画の新着記事一覧