【緊急事態】ハンター×ハンター作者・冨樫義博先生が命の危機を感じる / あまりにも恐ろしい出来事

HUNTER×HUNTER


hunter-x-hunter-togashi-shigoto-shiro1

人気漫画「ハンター×ハンター」(HUNTER×HUNTER)の作者、冨樫義博先生が命の危機にあったことが、マスコミ関係者の証言により判明した。冨樫先生といえば、苦渋の寝たきり生活になりつつも漫画を描き続けた「神的漫画家」としても有名だが、いったい何があったのか?

・あわや大惨事の危機
冨樫先生が命の危機を感じたのは、自身の車に搭載しているカーナビゲーションシステム。信じられないことに、対向車線に入るようナビをしてくるというのだ! この情報を伝えてくれたマスコミ関係者は以下のように語る。

・マスコミ関係者の声
「はい、確かに冨樫先生のカーナビがぶっ壊れ、対向車線に入って走るようにナビしてきたといいます。その指示に従えば道交法違反ですし、大事故に繋がります。あまりにも恐ろしい、命の危険を感じる故障といえるでしょう。冨樫先生は、仕方ないのでカーナビをCDプレイヤーとして使うだけに留めているそうですよ」

・最終的な判断は自分でするべき
人によっては、カーナビが指示する通りに移動し、事故に遭ってしまうかもしれない。冨樫先生は身の危険を感じて指示には従わなかったようで、命の危機を回避した。皆さんも、すべての判断をカーナビにまかせず、最終的な判断は自分でするべきかもしれない。

もっと詳しく読む: ハンター×ハンター作者・冨樫義博先生が命の危機を感じる / 衝撃の危機回避方法とは(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/06/29/hunter-x-hunter-togashi-shigoto-shiro/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧