【極悪】究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」がマジでヤバイ! 妻も娘も息子も父親にDVしまくり

ドメスティックバイオレンス


dameoyaji4

究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」(テレビ東京)をご存知だろうか。もともとの原作は「少年サンデー」で連載されていた同名の漫画で、凄まじい家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)が繰り広げられ、現代では絶対に放送できない凶悪なDVシーンが描写されている。

・全員がダメおやじにDV
主人公のダメおやじ(雨野ダメ助)は、凶悪な妻のオニババ、凶悪な女子大生の娘、凶悪な息子の4人家族で、全員がダメおやじにDVをする。特に妻のオニババは凶悪で、あまりにも稼ぎが少ないダメおやじに怒りが爆発し、泥棒や引ったくりをさせようとする描写もあった。

dameoyaji5
dameoyaji3
dameoyaji2
dameoyaji1

・顔面や頭部を蹴りまくり
何よりひどいのは、家族ぐるみでダメおやじに肉体的な暴力をふるうシーンである。顔面や頭部を蹴りまくり、拳で殴ったりビンタをし、さらに針を刺したり、熱湯をかけたり、こん棒でぶん殴るなどのシーンもあった。アニメも漫画も恐ろしい描写だが、絵がコミカルに描かれているせいか、大きな問題になっていない。

・暴力を受けたら警察に行くべき
ちなみに、ダメおやじが妻のオニババに反撃し、ビール瓶で頭を砕こうとするシーンもある。ときおり反撃に出ようとするが、最終的にはダメおやじがボコボコにされて終わる。あなたの家庭では、ダメおやじみたいなDVは行われていないだろうか? 少しでも暴力を受けたら警察に行くべきである。

とはいえ、「こんな家庭になってはいけないよ」という反面教師的な家庭像ともいえるこの作品。もしかすると、むしろ世の中の役に立った作品だった可能性もある。皆さんはどうお思いだろうか。

もっと詳しく読む: 究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」がマジでヤバイ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/07/23/dameoyaji/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

アニメの新着記事一覧