【衝撃】ドラゴンクエストXIのニンテンドー3DS版のメリットや特徴が判明 / オッサンとオバサン以外はPS4版を推奨

DQ11 / DQXI


dqxi1

人気ゲームソフト「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス / 以下 DQ11)は、主人公がドラゴンクエストシリーズの過去作品の世界に出向き、冒険を繰り広げるスペシャリティーな新作だ。

・PS4と3DSで同時発売
今回はニンテンドー3DSとプレイステーション4で同タイトルが発売されるが、今回は3DS版のメリットと特徴、そしてデメリットを紹介していきたいと思う。購入の参考にしてもらえれば幸いである。

・メリットや特徴
1. 過去作の世界に行くと2Dになる
ドラゴンクエストやドラゴンクエスト2など、2Dの過去作品の世界に行くと強制的に2Dとなる。これまで3Dで遊んでいたとしても、2Dの過去作の世界だけは2Dで展開されることになる。

2. 過去作の世界に行くと音質も過去作品になる
過去作品の世界に行くと、過去作品と同等の音質となる。たとえば初代ドラゴンクエストの世界に行けば、ファミコンの音質で音楽が流れるようになる。凄まじくノスタルジーを感じる。

3. 2Dと3Dの切り替えは教会でする
教会はセーブゾーンとして存在しているが、2Dと3Dの切り替えができるポイントになっている。2Dと3Dをリアルタイムで切り替えできるのは冒頭だけであり、序章の後は教会でしか切り替えできない。

・デメリット
1. 3D版が見にくくて操作しにくい
3Dは非常に移動操作がしにくく、そしてどこを歩いているのか、どこにモンスターがいるのか、よくわからない状況での移動を強いられる。かなり苦痛なので、最終的に2Dでプレイしたくなる。

2. ドットが細かすぎる
2Dのドットが細かすぎて、古き良き時代のドラゴンクエストシリーズのイメージをあまり感じられない。しかし、それはドラゴンクエストXIの世界の話であり、過去作品の世界では、懐かしさもあって違和感は感じない。

3. 新作という気分にならない
「昔ながらのドラクエを遊びたい」という人は多数いると思うが、やはり2Dだけでゲームを進めていると退屈になってくる。2D版は斬新さがなく、ムービーシーンもない。3D版もドラゴンクエスト9とさほど変わってない。ただし、過去作品の世界に行くと、その面白さが倍増するのは確かだ。

4. フィールドマップに色々ありすぎる
フィールドマップにいろいろとアイテムが落ちていたり、人が出現して話しかけたり、たき火や空き地があったりと、ゴチャゴチャしていて昔ながらのドラゴンクエストシリーズというイメージが崩れている。

・オッサンとオバサン以外はPS4版を推奨
リアルタイムにファミコンのドラゴンクエストシリーズを遊んできたオッサンとオバサン以外は、プレイステーション4版の購入を推奨する。正直、3DS版の3Dはグラフィックや演出面で斬新とは言い難く、そして懐かしさも感じられないので、なんともイマイチなデキ。

いや、ダメなゲームなのではない。3DS版の3Dがあまりにも平凡に仕上がっているのだ。よって、3DS版は過去作品をなつかしく感じられるオジサンやオバサンが購入することを推奨する。それも2Dでのプレイを強くオススメする(そうでないと3DS版の良さが無くなる)。そして過去作品にノスタルジーを感じない世代はプレイステーション4版で「最新ゲーム機のドラゴンクエスト」を楽しむべきである。

すでに「DQ11で使える伝説の復活の呪文」や「DQ11で使える凄い復活の呪文リスト」が判明しているので、気になる人はチェックしてみるといいだろう。

【続報】
ドラゴンクエストXIに超はぐれメタルが出現! 経験値30000ポイントもらえる凄いやつだよ! 一気にレベルアップ(笑)

もっと詳しく読む: ドラゴンクエストXIのニンテンドー3DS版のメリットや特徴が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/07/28/dragon-quest-xi-nintendo-3ds/

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO (P)SUGIYAMA KOBO

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ゲームの新着記事一覧