「どう考えても」という言葉を使う人は、どう考えても「考えてない」

どう考えても!


image1

タイトルに矛盾を混ぜつつ。インターネット上で、「どう考えても」という言い方を見かける。いろいろ考えたあとであれば、以下のような書き方をするのではないか。

「Aであれば、xxxだ。Bであれば、xxxだ。Cであれば、xxxだ。よって、私はxxxと考える。もし他の可能性があったら指摘して欲しい」

全ての仮定を挙げることができる場合には、それぞれの仮定について議論したほうが説得力が増す。全ての仮定を挙げることができない場合には、「どう考えても」と言えない。

そもそも明らかなことであると考えているのであれば、「明らか」と言えばよい。よって、「どう考えても」という言葉を使う有効な状況を、僕は思いつかない。

「どう考えても」という言葉を使いたいときに、「明らかに」と言い換えられる場合は、僕は言い換えたい。短いし。そもそも「明らか」なことであれば、いちいち指摘することもないとも思うが。

もっと詳しく読む: 「どう考えても」という言葉を使う人は、どう考えても「考えてない」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/08/15/wktk-think/

執筆: グニャラくん / 編集: 編集部 / Photo: Image

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

雑学・まめ知識の新着記事一覧