【酷評】正直なところ「とんかつは飲み物」は美味しくないし調理は下手だしコスパも悪いし怒りに燃える

とんかつは飲み物


tonkatsu-nomimono6

とんかつ専門店「とんかつは飲み物」(東京都豊島区池袋2-53-11)が酷いありさまだ。現在は少しずつ改善されつつあるものの、それでもとんかつチェーン「かつや」や「松のや」に遠く及ばない。

・箸でつまんだ時点で衣が崩れ落ちる
オープン当初は、客の心が折れるほど酷いとんかつを提供していた。下ごしらえが適当で、さらに調理スキルが低いので、肉と衣が乖離。包丁でとんかつを切るものの、ボロボロと衣が崩れ落ちていく。崩れたまま皿に盛りつけるのか? それはさすがにまずいと思ったのか、とりあえず皿に乗せてから板前が手作業で衣を肉に乗せて(戻して)いた。いや、それはダメだろう。見た目はそれっぽくても、客が箸でつまんだ時点で衣が崩れ落ちる。

・とんかつとしての質が低い
さらに、とんかつの裏面の衣が、あふれた肉汁の影響でビチョビチョになっている。「肉汁があふれた」と言葉にすれば美味しそうに感じる人もいるかもしれないが、それは大きな間違い。そもそもとんかつの衣は「熱だけ通して肉汁を逃さないためのバリア」であり、豚肉から肉汁が漏れ出て衣に浸透している時点で、とんかつとしての質は低く、すべてが台無し。

tonkatsu-nomimono5
tonkatsu-nomimono7
tonkatsu-nomimono4

・まだまだ改善の余地ありまくり
もうお分かりだと思うが、「とんかつは飲み物」は、とんかつ専門店として最低限やるべきことをやってない素人店なのである。レシピサイト「クックパッド」を読んで主婦が作ったとんかつのほうが完成度の高いとんかつを作れると思うほど。

板前がどこで修業をしてきたのかわからないが、「とんかつは飲み物」の板前はクックパッドをしっかり読んで、主婦と同等レベルのスキルを身に着けるべきだ。

……と思っていたのだが、2017年9月の調査2回目にて、少しだけ板前の調理スキルが改善されていたことがわかった。油切りをしたとんかつをザクザクと切る包丁さばきは軽快でスムーズ。はがれた衣を手で直すことなく手際よく客に提供していた。

しかしながら、肉と衣の乖離がいたる部分に見られ、まだまだ素人レベル。とんかつの裏面が肉汁でふやける現象はいまだに改善されていなかった。ビチョビチョになった衣のとんかつを食べることほど苦痛なことはない。調理に着色パン粉を使用していると推測するが(あくまで推測)、それでもこんなにダメなとんかつを作れるとは驚きだ。

そもそも豚肉も安い肉なら安いなりに、調理で美味しさを増幅できるもの。しかし調理が下手なので、豚肉の旨味を引き出すことに失敗している。何もかもが残念すぎる。本当に安くて良い店は、安い肉の美味しさをどう調理で引き出すか考えているものだが、「とんかつは飲み物」はそれを怠っている。濃厚とんかつとして売り出しているが、まったく濃厚じゃない。

tonkatsu-nomimono3
tonkatsu-nomimono2
tonkatsu-nomimono1

・こんなとんかつを作って恥ずかしくないのか?
「とんかつは飲み物」に関わるすべての人に言いたいのだが、どうしてこんな状態で営業を続けられるのだろうか? 適当に作ったとんかつを提供し、恥ずかしくないのだろうか。誰も「ひどいとんかつですよ」と教えないのだろうか? このレベルで堂々と営業していられる理由がわからない。

板前だけが悪いような言い方に思えるかもしれないが、そんなことはないので勘違いしないでほしい。「ひどいとんかつ」であることを指摘しないスタッフはオーナーもバイトも全員同罪である。

・小細工ではなくとんかつで勝負すべき
コスパ面を考えても嬉しくない。「松のや」は上ロースカツ定食690円、「かつや」はロースカツ定食690円、そして「とんかつは飲み物」は濃厚とんかつ定食890円。豚肉の重量に違いはあれど、そもそもレベルが低い剥離とんかつを食べさせられるのだから、まったく安くない。

「とんかつは飲み物」でとんかつを注文すると、好きなオカズを小鉢で3品選べるが、そんなごまかしはいらないので美味しいとんかつを作ってほしい。ここはとんかつ屋なのだから、小細工ではなくとんかつで勝負すべきである。小鉢は嬉しいが、小鉢を食べにきたわけじゃないのだから(そもそも他店より高いのだからお得ではないし)。

tonkatsu-nomimono

・ダメなものはダメと言おう
客も客で悪い。ダメなものはダメと言うべきだ。話題の店に行ったのだから「自尊心のために良い感想を話したい」「みんなが良いと思っているものを悪く言いにくい」と思っているのか、ダメ出ししている客の声がインターネット上に書き込まれない。正直な感想を言わない客がこの店をダメにしているともいえる。

・カレーは飲み物のカレーは最高レベル
そもそも「とんかつは飲み物」は、「カレーは飲み物」という人気のカレー屋と運営が同じである。「カレーは飲み物」のカレーライスは非常にレベルが高く、衝撃を受けるほど美味しいと評判。注文が入るたびにカレーを調理して仕上げるため、丁寧な仕事をしている事でも定評がある。そんな運営が、どうしてこんな料理で満足しているのか理解不能。

・客をなめているのか
おそらく、この店がダメな理由は次の3つのどれかだろう。客をなめているのか(チョロいと思っているのか)、それとも頑張ってるけど美味しく作れないのか、もしくは問題なく美味しいと思って作っているのか。どれにしても、改善しないと終わりの道へまっしぐらなのは間違いない。

ただし、とんかつを生卵に浸して食べる手法は絶賛に値するので、そこだけは評価したい。

もっと詳しく読む: 正直なところ「とんかつは飲み物」は美味しくないし調理は下手だしコスパも悪いし怒りに燃える(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/09/12/tonkatsu-nomimono/

とんかつは飲み物
住所: 東京都豊島区池袋2-53-11
時間: 11:00~16:30 17:30~22:00
休日: 年末年始

東京都豊島区池袋2-53-11
Google Mapで開く

執筆: 桃色のガンダルフ(映画ジャーナリスト)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧