【悲報】ドラクエしてたら彼女にぱふぱふして欲しくなったのでお願いした結果 → 彼女がブチギレ大激怒

ドラゴンクエストXI


01

小学生から老人まで夢中になり、今や社会現象となりつつあるゲームソフトと言えば「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス / 以下 DQ11)だ。昔懐かしの復活の呪文システムが採用されるなど、過去にドラクエシリーズをプレイした人を懐かしませる演出が多い点も幅広い年代から受け入れられる要因となったのだろう。

・「ぱふぱふ」の演出も頻繁に登場!
他にもオールドファンを楽しませる要素のひとつとして、頻繁に「ぱふぱふ」を誘ってくるセクシー美女が登場する点も挙げられるだろう。ドラクエシリーズでの「ぱふぱふ」はガッカリする結果が待ち受けているお約束のネタなのだが、DQ11ではこれでもかと言わんばかりに、たくさんのセクシー美女が「ぱふぱふ」を誘ってくるのだ。

・実際に「ぱふぱふ」されたくなってしまう
あまりにも執拗に「ぱふぱふ」を誘われるため、ついムラムラして現実世界で「ぱふぱふ」をして欲しくなってしまったと言う人も少なくないようだ。

その欲求が高まりすぎて残念な思いをしてしまったのは神奈川県川崎市在住の西脇光太郎さん(31歳・運送業アルバイト)。あまりにも「ぱふぱふ」をされたくなってしまったので、真夜中に5歳年下の彼女を自宅へと呼びつけたのだそうだ。

・彼女を速攻でブチギレさせる
彼女が部屋に到着するなり、彼女にお願いをして「ぱふぱふ」を試みたという西脇さん。しかし現実は何もおもしろいものではなく、満足感をまったく得られなかった西脇さんはついガッカリした表情を浮かべてしまうと、その瞬間に彼女がブチギレ大激怒! 西脇さんをグーで殴りつけ、「おおがらすにで突かれて死ね」と捨てゼリフを吐いて部屋を出てしまったのだという。

・貧乳であることへの当て付けに感じた
彼女に対して失礼な振る舞いであることは否めないが、そこまで怒るほどのことだったのだろうか。編集部は西脇さんの彼女とコンタクトを取ることに成功。何故そこまで怒ったのかを尋ねてみると「私が貧乳なことに対する嫌がらせにしか思えませんでした。Bカップの私が『ぱふぱふ』なんてできるわけないじゃないですか! 『ぱふぱふ』できるくらい大きな胸の子と付き合いたいっていう間接的なメッセージなんですよ。悔しい!!」とコメントを寄せてくれた。

・上質な「ぱふぱふ」には最低Dカップは必要
西脇さんは彼女がBカップであることを知りながら「ぱふぱふ」をお願いしたのだとすれば、西脇さんの配慮が足りなさすぎたと言わざるを得ない。良質な「ぱふぱふ」のためには最低でもDカップは必要である。DQ11で「ぱふぱふ」を誘ってくるセクシー美女たちはどう見ても軽くFカップは超えている。

03

・相手を選んでこその「ぱふぱふマスター」
もし「ぱふぱふ」をして欲しいけど彼女が貧乳という場合には、ゲーム中の「ぱふぱふ」のように肉厚な男性にでもお願いしたほうがまだ良いだろう。少なくともそうすれば彼女を傷つけずに済むからだ。相手を選んでこそ真の「ぱふぱふマスター」になれるのだ。

ちなみにDQ11には「ぱふぱふマスター」のトロフィーも用意されている。ゲーム中のすべての「ぱふぱふ」を体験すると得られるトロフィーだ。現実世界で「ぱふぱふマスター」になるのが難しいという人は、DQ11の世界でチャレンジしてみてはいかがだろうか。

もっと詳しく読む: 【悲報】ドラクエやってたら「ぱふぱふ」して欲しくなったので彼女にやらせた結果 → 彼女がブチギレ大激怒!(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/10/16/dorakue-pafupafu/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧