【緊急事態】裁判所に毒薬を持ち込み服毒自殺 / その動画が全世界に配信される

懲役20年


image256

信じられない出来事が発生した。裁判の判決を不服に感じた被告人が、その場で毒薬を飲み、死亡するという騒動が発生した。その動画が公開され、全世界に衝撃を走らせている。

・私は戦争犯罪者ではありません
裁判所で服毒自殺をしたのは、ボスニアの元クロアチア人将校スロボダン・プラリャク氏(72歳)。旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)の裁判官が懲役20年の判決を言い渡すと「私は戦争犯罪者ではありません。私はあなたの評決を軽蔑して拒否しています」と叫び、毒薬を飲んだのである。

image1024

・病院にて死亡が確認
今回の裁判は動画で録画されており、YouTubeに掲載。それにより、世界中の人たちがプラリャク氏の服毒シーンを目にすることとなった。彼はその場では生きていたが、病院にて死亡が確認されたという。

・大統領もお悔やみの言葉
彼の服毒自殺に対して大統領は「クロアチア政府のために、私自身のために、スロボダン・プラヤック将軍の家族に心からお悔やみを申し上げたい」とTwitterでツイートしている。

もっと詳しく読む: 裁判所に毒薬を持ち込み服毒自殺 / その動画が全世界に配信される(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/06/swallowing-poison-in-court/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧