【速報】平成終了で2019年5月1日から始まる新年号候補か / 新年号「修文」「正化」など複数存在

新元号


regnal-year-nengo-gengo1

平成時代の天皇陛下退位日が2019年4月30日にほぼ決定となり、2019年5月1日に現在の皇太子が新天皇として即位することが判明した。それにより、2019年4月30日に平成時代が終了となり、2019年5月1日から新年号(新元号)へ移行する。

・案のひとつして復活する可能性
すでに有識者によりいくつかの新年号案が出ているといわれており、昭和天皇崩御時に候補となった「修文」「正化」が、案のひとつして復活するのではないかと言われている。ちなみに、平成という年号を提案したのは東京大学名誉教授の東洋史学者である山本達郎氏。

・頭文字がHとなる平成が選ばれた過去
新たな年号を決める際の有識者は、日本政府から昭和天皇崩御に伴う新元号の決定に関して委嘱を受けた者となる。平成を提案した山本達郎氏もそのひとり。当時「修文」と「正化」が採用されなかったのは「昭和」の頭文字がSであり、それとかぶるから。頭文字がHとなる平成が選ばれたとされている。

・新たな時代にあった候補
今回の新元号を決定するにあたり、過去の年号候補としてあがった「修文」「正化」を含め、新たな時代にあった候補が複数含まれるともいわれている。また、発表のタイミングがいつになるのか、それに関しても今までとは違う時期と発表の仕方になる可能性があるという。

インターネット上ではさまざまな新年号の案を予想している人がいるが、皆さんはどんな年号になると予想するだろうか。非常に興味深いことである。

もっと詳しく読む: 平成終了で2019年5月1日から始まる新年号候補か / 新年号「修文」「正化」など複数存在(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/08/heisei-nengo/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧