【衝撃】受信料不払いでもNHKに裁判されない方法 / 元NHK職員がわかりやすく解説

NHK


image

NHK受信料の集金人が女子の家に1日17枚も手紙を入れるなどして問題視されているが、皆さんの家は問題なくNHKの対応はできているだろうか?

元NHKの職員であり、「NHKから国民を守る党」の代表でもある立花孝志氏が、NHKに裁判される人とされない人の基準をインターネット上で公開し、大きな話題となっている。

・NHK問題解決のエキスパート
もともとNHKの受信料問題(払いたくないのに無理やり契約されられたなどのトラブル問題)に尽力している立花孝志氏だが、彼はYouTubeにも多数の「NHKから身を守る方法」や「NHK裁判情報」などの動画を掲載し、注目を集めている人物。立花孝志氏によると、以下のような人はNHKに裁判を起こされないという。

・NHKに裁判をされない人の4つの特徴
1. 平成12年以前に契約をした人
2. 平成13年以降に契約したが受信料を10年以上不払いの人
3. NHKと契約せずB-CASカード番号をNHKに知られていない人
4. NHKと契約したが一度も受信料を払ってない人

・立花氏に助けられました
法的な話は別として、上記の4つの特徴のいずれかに該当する人は、いままで一度もNHKから裁判を起こされたことがないという。この動画に対し、視聴者からは「この動画に立花氏に助けられました」「解説動画感謝致します」などの声が上がっている。

・NHK問題で困っている人たちを助ける
もともとNHK職員だった立花孝志氏だが、NHKの不正経理を「週刊文春」で内部告白したことによりNHKを退職。いまはNHK問題で困っている人たちを助けるため、かなりアクティブに活動しているようだ。

【続報】
NHK関係者が家に来なくなるNHK撃退シール / 議員の立花孝志氏が無料配布

もっと詳しく読む: 受信料不払いでもNHKに裁判されない方法(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/12/nhk-reception-fee/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧