【炎上】千葉市長と一般人がコンビニ成人雑誌問題で激論 / 一般人「言葉は殺されていく」 市長「言葉が殺されるという言葉に酔っているだけでは?」

熊谷俊人氏


image1

コンビニにおける成人雑誌(いわゆるお色気雑誌)の取り扱いに対してアクティブに活動している千葉市。その甲斐あってか、2017年12月から千葉市内のミニストップ43店舗で成人雑誌の取り扱いをやめ、2018年1月から全国のミニストップ2245店で取り扱いをやめるという。

・一般人と猛烈な議論
そんなコンビニの成人雑誌の取り扱いに関して、全国最年少市長として千葉市長に就任した熊谷俊人氏が、一般人と猛烈な議論を繰り広げている。熊谷俊人氏と一般人が、インターネットコミュニケーションサービスTwitterで猛烈バトルをしているのだ。

・インターネット上での書き込み
一般人「規制に繋がるような「提案をしただけ」。そしてミニストップが「自主的な営業判断」を下したと。本当に反吐が出るやり口。最悪。こうやって言葉は殺されていく。規制じゃない、圧力じゃない、そっちの自主規制でしょ? って」

千葉市長「言葉が殺されるという言葉に酔っているだけでは? 健康都市を目指す中でコンビニに「塩分や糖分の高い商品にその旨のポップを出す等できませんか」と提案し、あるコンビニが「健康志向でいくことを内部検討していたので該当商品を取り扱わないようにします」という類の話ですよ」

千葉市長「ミニストップの成人誌の件、「表現の自由」との美名の下に崇高な戦いと信じている方が一部いるのですが、商品を陳列するのは販売側の自由であり、行政が市民の意見や政策に基づき、民間に協力を求めることも何ら表現規制にはあたりません」

一般人「その「市民の意見」とやらが偏っている(≒間違っている)、って話なんだがねぇ。規制を好む側は、自分たちは正しい、と「自由」を振り回すけど、それこそが、自由に対する圧力であることは認めたくない(認めることが出来ない)んだよね」

千葉市長「偏っている 間違っている と信じて疑わない時点で宗教ですよね。市民の意見を受けて民意を代表する議会で質問があり、行政で対策費が予算化され、議会承認。市民アンケートでも対策を求める側が多数。市民意見と民主主義の正当な手続きを経ていることくらいは認めましょう」

kumagai_chiba1
kumagai_chiba2

・成人雑誌は撤去すべきなのか?
コンビニから成人雑誌が撤去される件に関して、あらゆる人たちから賛否の声が書き込みされている。今回は千葉市の話となっているが、全国のミニストップでは成人雑誌をコンビニに置かない流れになりつつある。

コンビニで売られている成人雑誌は撤去すべきなのか? それともカバーを書けて見えなくするべきか、またはそのまま販売すべきなのか? 皆さんはどうお思いだろうか。

もっと詳しく読む: 千葉市長と一般人がコンビニ成人雑誌問題で猛烈バトル(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/chiba-seijin-book/

※写真はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧