【大炎上】時給400円で働かされた中国人実習生が作った服 / テレビ東京「ガイアの夜明け」が暴露 / 人気ブランド運営会社が謝罪

セシルマクビーなど


image8

2017年12月12日(火)22:00から放送されたテレビ東京の人気番組「ガイアの夜明け」にて、技術を学ぶため日本にやってきた中国人実習生が、縫製工場で時給400円で働かされていたと報じられた。

・中国人実習生に給料未払いも
しかも直近の休みは7か月間で1日だけで、1日の労働時間が15時間という中国人実習生もおり、さらに計画倒産のようなかたちで給料未払いも発生していたという。あまりにも酷い状況の彼女たちの実態が報じられ、日本中が大きなショックを受けた。


・激怒する人たちによって大規模な炎上状態
そんななか、中国人実習生が縫製工場で作っていた服が、株式会社ジャパンイマジネーションが日本で管理するブランド「セシルマクビー」や「BE RADIANCE」などのものであることが判明。

インターネット上で物議を醸し、不快感を露わにする人たちが続出。激怒する人たちによって大規模な炎上状態となった。

・直接の取引がなければ法的な責任はない?
テレビ局が調査を進めていくと、今回問題視されている縫製工場は株式会社ジャパンイマジネーションの孫請け会社(のようなもの)と判明。

しかしながら株式会社ジャパンイマジネーションは「直接の取引がなければ法的な責任はない」という理由で、そっけない対応。そして「ガイアの夜明け」が取材メールを送ったところ、場合によっては法的処置をとることもあるとの返答があったようだ。

image1

そして2017年12月12日(火)の「ガイアの夜明け」放送後、株式会社ジャパンイマジネーションが公式サイトに以下のコメントを発表した。

・株式会社ジャパンイマジネーションのコメント
2017年12月15日
株式会社ジャパンイマジネーション

一部TV番組放送内容に関して

過日放送のTV番組における放送内容に関しまして、ご説明申し上げます。番組内で放送された縫製工場における外国人技能実習生の労務問題に関しまして、本年7月に岐阜一般労働組合及び番組制作会社より一報を受け、弊社として初めて認識致しました。弊社商品の取引メーカー様に確認をした結果、今回問題となった同工場に対し該当とされる商品の発注がなされており、労務問題が存在するという事実も判明致しました。弊社としては、取引メーカー様へ同工場での商品の製造を取りやめて頂くよう申入れ、本年9月をもって同工場での製造は終了しております。

弊社の商品が取引メーカー様の先の縫製工場において、不適切な人権労働環境のもと製造されていたとすれば、誠に遺憾であると考えており、またその実情を知り得なかったことについては、大いに反省すべき点であると認識しております。今後は取引メーカー様と共に、製造現場について更なる関心を払い、弊社の商品がそのような環境下で製造されることがないように努力をして参る所存です。お客様をはじめ、各方面の皆様に大変ご心配をおかけ致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。以上(引用ここまで)

image

・中国人実習生に謝罪なし
このコメントに対して、誠意がないと感じた人もいた。その理由は「不適切な人権労働環境のもと製造されていたとすれば誠に遺憾」「お客様をはじめ各方面の皆様に大変ご心配をおかけ致しましたこと心よりお詫び申し上げます」とあるものの、中国人実習生に対する謝罪やフォローがなかったためだ。

・謝罪しない理由とは
「直接の取引がなければ法的な責任はない」という理由で中国人実習生に謝罪しないのかもしれないが、皆さんはどう感じただろうか。中国人実習生たちに、少しでも良い未来が開ければ良いのだが。

もっと詳しく読む: 時給400円で働かされた中国人実習生が作った服 / ガイアの夜明けが暴露 / 放送後に人気ブランド運営会社が謝罪文(バズプラス Buzz Plus)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧