【激怒】警察が松岡伸矢くん行方不明事件と17年間軟禁事件を無視していた事が判明 / 警察「情報の通報が多すぎて手に負えない」

和田竜人さん & 松岡伸矢くん


wada-ryuto-matuoka-sinnya6

【続報】
朗報 / 警察が松岡伸矢くん失踪事件解明のためDNA採取済み / 17年間軟禁事件の和田竜人さん騒動を受けて

面識のないおじさんに17年間も軟禁されていた和田竜人さん(自称25歳)がおじさんの家から脱出し、ショッピングセンターのトイレで意識を失い保護。その後、記憶が断片的に途切れる記憶喪失となっていたが、2018年1月31日放送のテレビ番組に出演して「自分探し」を開始。

・衝撃的な事実を激白
その後、和田竜人さんの正体は、1989年3月7日に徳島県貞光町の親戚の家から忽然と消えた松岡伸矢くん(当時4歳)ではないかと言われている件で、新たな展開があった。和田竜人さんが子どものころ、おじさんに連れられてやってきた歯科医の助手が和田竜人さんのことを覚えており、Twitterで当時の出来事を激白。その中なかには、衝撃的な事実が書かれていたのである。

・歯科助手のコメント
「当時勤務していた歯医者は現在もあり院長も健在ですのでなにか情報が分かるかな、と警察には当時の内容を覚えてる限り詳しく話しました。正直。松岡伸矢さんだと私は思います。当時も私も歯科助手の同僚や院長もざわつき通報もしましたが、そういった情報の通報が多すぎて手に負えないと」

「それから1年ほど通ってから虫歯は完治し、定期検診にいつの間にか来なくなってました」

「その後来ることはなく、私も辞めてしまったので記憶の片隅でしたが今日公開大捜査を見て鳥肌がたちました。治療に来てた、あの子でした。髪型も当時、目にかからないくらいのああいった髪型。大人しく知的な子でした。自分の事は全く話さないから不思議な感じ。来るのはいつも午前中朝イチ」

wada-ryuto-matuoka-sinnya2
wada-ryuto-matuoka-sinnya4
wada-ryuto-matuoka-sinnya

・警察が通報を無視
歯科助手は「当時も私も歯科助手の同僚や院長もざわつき通報もしましたが、そういった情報の通報が多すぎて手に負えない」と語っており、子どもの頃の和田竜人さんとおじさんを不審に思い、警察に通報したものの無視された事実を語っている。

・事件を解決できた可能性がある通報
もしこのとき警察が通報をしっかりと受け止め、和田竜人さんとおじさんを捜査していれば、少なくとも17年間軟禁事件は解決できた可能性が高く、場合によっては松岡伸矢くん行方不明事件も解決していてもおかしくなかった。

・「運命の通報」だった
歯の治療が終わった後も成人するまで軟禁生活が続いた和田竜人さん。そして息子の帰りを今でも待っている松岡伸矢くんのご両親、その双方の事件が解決できた可能性がある「運命の通報」だっただけに、それを無視した警察の罪は重い。

・心療内科の院長も言及
この事件に関して、心療内科の院長も公式ブログで「今日は本人の了解を得てありのままを記す」言及しており、和田竜人さんの幸せな未来を願う気持ちを書いている。

【続報】
17年間軟禁事件の和田竜人の正体が判明か / 元コンビニ店員でAKBマニアのキタザワヒサシ(北沢尚)の可能性

【続報】
緊急事態 / 警察が17年間軟禁事件の和田竜人さんは「行方不明の松岡伸矢くんではない」と判断 / 新たに別人の名前が浮上


もっと詳しく読む: 警察が松岡伸矢くん行方不明事件と17年間軟禁事件を無視していた事が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/02/02/wada-ryuto-matuoka-sinnya-report/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧