【炎上】子供の奨学金を盗んで大学生と駆け落ちした母親 / 大学生から母親へのラブレターを公開「電波子17号緊急駆け落ち事件」


denpako1

子どもたちの奨学金を盗み、合計200万円を持ち去って大学生と駆け落ちした母親が物議をかもしているが、新たな情報が入ってきた。大学生が母親に対して書いたラブレターが発見され、インターネット上で公開されているのである。

・大学生と駆け落ち
問題視されているのは、電波子17号という芸名で活躍した元タレントの徳永美穂さん(42歳)。彼女は4人の子どもを放置し、子どもたちの奨学金と生活費など約200万円を持ち去って法政大学法学部2年の鈴木渉大さん(21歳)と駆け落ちしたとされている。

・子どもたちが情報収集開始
母親が失踪したことから、心配になった子どもたちがインターネット上で情報収集を開始。徳永美穂さんの息子である德永日丸さんと、娘のたからさんがTwitterで広く情報収集を開始したのである。そんななか、德永日丸さんは大学生から母親に送られたラブレターを公開。そこには、以下のように愛の言葉が書かれている。

・鈴木渉大さんから徳永美穂さんへのラブレター
「美穂へ 改めて美穂って呼ぶのは何だか気が引けるけど、いつかそう呼べたらって思ってた。それは多分、俺が美穂のことを好きになったその時から……ずっと。それからというものの、2人で過ごすことのできる時間は変わらず僅かであるけれど、その一瞬が俺にとっては大切です。君の顔、表情はもちろん、声、仕草、話していたこと、香り。目尻から指先まで、すべてが愛しくて、全てを覚えていたくて、全てを目に焼つけて帰ろうといつも必死。……俺は本気で美穂のことが好きです。まだ、俺は君に会うのがなんでこんなに遅かったのか、なんで気味と同じ世代に生まれなかったのか、なんで今の状況が状況なのかとか、やりきれない思いはつきないけど、それでも俺は君を愛してる。今、目の前にいる君を愛してます。今の俺にできるのは、今の君を愛することと、未来、君を幸せにするために努力することしかできないけど、いつか、君と一緒に朝を迎え「おはよう」と言える日を夢みています。いつか、君を、幸せにさせて下さい。愛しています。永遠に 渉大」

denpako2

・一時的な気の迷いか
大学生の鈴木渉大さんが徳永美穂さんを愛する気持ちが綴られているラブレター。その愛が本物なのか、それとも一時的な気の迷いかはわからない。しかし、徳永美穂さんは子どもたちを放置してまで駆け落ちしたわけで、その行為は決して許されるものではない。

2018年3月現在、徳永美穂さんの子どもたちは、Twitterに写真を公開しつつ母親が帰ってくるのを待っている。警察にも連絡済みだという。あってはならない「駆け落ち」というタイムパラドックスがおきた。お母さん、未来を変えてはいけないのだ。

【続報】
【極悪非道】子供4人捨てて大学生と駆け落ちした母親 / 視覚障害者の父親も捨てていたと判明「電波子17号緊急駆け落ち事件」

mama-kieta

もっと詳しく読む: 子供の奨学金を盗んで大学生と駆け落ちした母親 / 子供が大学生から母親へのラブレターを公開(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/15/denpako-kakeochi-daigakusei/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧