【極秘グルメ】ラーメン二郎三田本店で「本当に美味しいラーメン二郎本来のラーメン」を食べる方法


ramen-jiro-mita-honten6

ラーメン二郎は複数の店舗展開をしているが、特に聖域といわれているのが「ラーメン二郎 三田本店」だ。ラーメン二郎の歴史はこの店舗からはじまり、いま現在も、店主の親父さんが厨房に立ち、美味しいラーメンを提供し続けている。

・息子である通称「ジュニア」
そんなラーメン二郎三田本店は、実は「味に大きくブレが生じる店」としても知られている。なぜなら、ラーメン二郎三田本店は親父さんと、その息子である通称「jr」(ジュニア)が仕切っており、どちらがラーメンを作っているかで、大きく質にブレが生じるのである。

・、ジュニアのラーメンは麺が激しく柔らかい
親父さんが作るラーメンは、まさに「古来から伝わるラーメン二郎の味」なのだが、ジュニアが作るラーメンは麺が激しく柔らかい傾向があり、その影響もあってスープにも味の変化が生じてしまっているのだ。ジュニアが調理していると、デロデロの麺が出てくる確率が高いのである。

ramen-jiro-mita-honten11
ramen-jiro-mita-honten10
ramen-jiro-mita-honten5

・ジュニアでもデロデロにならない方法
それゆえラーメン二郎三田本店には、そのブレを楽しむ派と、ブレは絶対に許さない派が存在する。そう、そのブレも美味しさとしてとらえている人もいるのである。たがしかし、たとえジュニアが調理していたとしても「古来から伝わるラーメン二郎の味」を食べる方法が存在するのをご存知だろうか。

・デロデロの麺は出てこない
その方法は簡単だ。ジュニアに対して「湯で時間半分で!」と言うだけ。そう伝えるだけで、デロデロの麺は出てこない。しっかりと親父さんと同じ硬めの麺が提供されるのである。ちなみに「麺硬めで!」と言ってもデロデロの麺が出てくるので意味はない。

ramen-jiro-mita-honten14

もっと詳しく読む: ラーメン二郎三田本店で「本当に美味しいラーメン二郎本来のラーメン」を食べる方法(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/19/ramen-jiro-mita-honetn-umai/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧