【炎上】山尾志桜里と不倫疑惑の倉持麟太郎弁護士 / 元妻が見抜いた不倫の証拠3つ


image18

立憲民主党の山尾志桜里議員(43歳)と倉持麟太郎弁護士(35歳)に不倫疑惑が浮上している件で、不倫騒動の直後に離婚した倉持麟太郎弁護士の元妻が、「見抜いた不倫の証拠3つ」を暴露し、物議をかもしている。

・不倫の証拠3つを暴露
山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士は自宅やホテルなどで濃密な時間を過ごしたと週刊文春で報じられており、不倫疑惑が浮上しているが、その不倫騒動後に倉持麟太郎弁護士と離婚した元妻が、「言われてみれば……」と感じた不倫の証拠3つを暴露した。

・元妻が見抜いた不倫の証拠3つ
1. 寝室のベッドに異変
夫婦の寝室にあるベッド。そのマットレスの下に敷くカバーがズレ落ちており、本来ならばありえない状態となっていた。ある意味で夫婦の寝室は聖域だが、そこに山尾志桜里議員が入り込んだ可能性を示唆。

2. キッチンに食べかけのポテトチップス放置
夫婦の団欒を楽しむ場であるキッチンに、複数の酒瓶と食べかけのポテトチップスが放置されていた。倉持麟太郎弁護士はポテトチップスを食べないので、彼以外が食べた可能性があり、そこに山尾志桜里議員が入り込んだ可能性を示唆。

3. リビングにあった披露宴の写真がなくなっていた
夫婦の愛の証ともいえる、披露宴のウエルカムボード。いつもはリビングにあるはずだが、なぜかなくなっていた。どこにあるのかと探してみると、クローゼットに隠してあることが判明。妻の存在をイメージさせないため、隠したと推測。リビングに山尾志桜里議員が入り込んだ可能性を示唆。

・いつもは起きない現象が発生
そられの異変はあくまで元妻が話していることであり、それがストレートに不倫の証拠として意味を持つかどうかは不明だが、いつもは起きない現象が発生するようになったのは、何かしらのきっかけがあると推測。そのきっかけこそ、山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士の不倫だと言いたいのだろう。

・女性の勘が察した
女性は男性よりも勘が鋭く、男性が浮気をしているとすぐにバレるといわれている。今回の細かい「気づき」も、そんな女性の勘が察したものなのだろう。ちなみに山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士はお互いを「リンくん」「シオちゃん」と呼び合っているという。


もっと詳しく読む: 山尾志桜里と不倫疑惑の倉持麟太郎弁護士 / 元妻が見抜いた不倫の証拠3つ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/26/furin-shiori-yamao-tsuma/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧