【悲報】女優のように美しくなり復活した小保方晴子さん / 世間に責められすぎて精神科病棟に入院 / 鬱病と心的外傷後ストレス障害(PTSD)に


obokatasan1

国立研究開発法人理化学研究所の元研究員であり、書籍「小保方晴子日記」の著者でもある小保方晴子さん(34歳)。彼女は2018年3月発売の人気雑誌「婦人公論」4月10日号にグラビア写真を掲載し、あまりにも美人すぎる容姿だったため、大きな話題となっているが、その美しさの裏では計り知れない苦しみに耐えていることが判明した。

・猛烈な「責め」に対して心を壊す
小保方晴子さんは世間のバッシング、記者の追及、博士論文の書き直し、学位取り消し、警察からの捜査など、あらゆる猛烈な「責め」に対して心を壊してしまったらしく、精神科病棟に入院。

・逃げ場がなかった小保方晴子さん
彼女の病名は、鬱病と心的外傷後ストレス障害(PTSD)。あまりにも強いストレスを受けた彼女には逃げ場がなく、心が病んでいったようだ。あまりにも世間が恐ろしく、マスクで顔を隠さなくては生活できなかった頃もあったという。

・大きな問題となる騒動が発生
確かに、小保方晴子さんの周囲では、世間のバッシングだけでなくNHKの強引な取材など、大きな問題となる騒動が発生していた。そんな苦難を乗り越えて女優のように美しい姿で復活したのだから、彼女の凄さが理解できる。

・全国の書店で平積みされるほど大きな話題
彼女のすべてがわかる「小保方晴子日記」(中央公論新社)が2018年3月に発売され、全国の書店で平積みされるほど大きな話題となっている。STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)の出来事からいま現在まで、小保方晴子さんはどのように生きてきたのか? そして、どのようにして女優のように美しい姿で復活できたのか? この本を読めばその一端を知ることができるかもしれない。

【続報】
【衝撃事実】グラビアデビューした小保方晴子さんの着てる服の値段が凄まじい件 / GUCCIのドレス

もっと詳しく読む: 女優のように美しくなり復活した小保方晴子さん / 世間に責められすぎて精神科病棟に入院 / 鬱病と心的外傷後ストレス障害(PTSD)に(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/29/obokata-haruko-ptsd/

参照: 婦人公論

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧