孤独のグルメ シーズン7 / 東京都港区南麻布のケソフンディードとピピアンベルデ / メキシコ料理のサルシータ


salsita-mexico6

チョリソのケソ フンディード 900円
鶏肉のピピアンベルデ 1700円

東京都港区ほど、多国籍な料理店が密集している地域はない。しかもB級というよりは、リッチで本格的なテイストが堪能できる地域でもある。なかでもオススメしたいのが、南麻布という一等地に店舗を構えるメキシコ料理レストラン「サルシータ」(港区南麻布4-5-65)である。

・本格的な外国料理のレストラン
「サルシータ」があるのはは東京メトロの広尾駅から出て徒歩1分という立地。周辺には世界各国の大使館が多いからか、外国人が違和感なく街に溶け込んでいる。本格的な外国料理のレストランが必要とされるのも納得だ。

salsita-mexico2
salsita-mexico3
salsita-mexico4
salsita-mexico5

・チョリソのケソフンディード
このお店でオススメしたいのは「チョリソのケソ フンディード」と「鶏肉のピピアンベルデ」の2品。

メキシコ料理といえばトマト、ピーマン、オニオンで作る色鮮やかなサルサソースを使った料理や、トルティーヤを使ったものを思い浮かべる人がきっと多いはずだ。

salsita-mexico6
salsita-mexico1

しかし「チョリソのケソ フンディード」はそんなメキシコ料理の一般的なイメージを大きく覆してきた。

チーズをたっぷりと耐熱皿に入れてオーブンで焼き、炒めた自家製チョリソとメキシコの唐辛子「チポトレ」をのせた一品である。

salsita-mexico7
salsita-mexico8

・濃厚かつスパイシーな味わい
熱々に焼き上がったフンディードは、トロリと伸びたモンテレイジャックチーズとスパイシーなチポトレの風味が抜群にマッチ。

さらに刻まれた自家製チョリソーが非常に肉々しく、口に含んだ瞬間にジューシーな肉汁も弾け飛んでくる。それぞれの味が強いのに、絶妙なバランスで成り立っているところに凄みを感じる味だ。

salsita-mexico9

・トルティーヤに包んで食べるべき
フンディードはおかずとしてライスと合わせても良いし、ビールやウォッカなどと合うだろうが、ここは「サルシータ」のトルティーヤで包んで食べることを強く推したい。

フンディードを注文すると焼き立てのトルティーヤが2枚サービスされるため、これにフンディードを包みながら食べよう。

salsita-mexico10
salsita-mexico11

・コーンの風味が弾け飛んで激しく引き立つ
普段は包む具材がメインとなり、裏方に回ることの多いトルティーヤだが、不思議とフンディードを包むと立場が逆転する。コーンの味が前面に立ち、濃厚でスパイシーなフンディードの味がトルティーヤの引き立て役に回るのである。一瞬にして口の中がメキシコにトリップ。この感覚こそ「サルシータ」のフンディードの醍醐味なのではないだろうか。

・鶏肉のピピアンベルデ
こちらは肉厚なチキンをじっくりと煮込んだ一品なのだが、スパイシーやピリ辛とは対極に位置する味付けが施されている。

salsita-mexico12
salsita-mexico13

・カボチャの種と緑のトマトのソース
チキンにたっぷりとかけられたドロリとしているソースは、カボチャの種をベースに緑のトマトと唐辛子を加えて作られたもの。

メキシコ料理の中でも歴史の深い料理であり、ヨーロッパ人が到来する前から食べられていたそうだ。

salsita-mexico14
salsita-mexico15

・じっくりと煮込んだチキンが激ウマ
肉厚な骨付きチキンにナイフを入れると、その瞬間に肉汁がドバドバと溢れ出してくる。カボチャの種ベースのまろやかなソースと、チキンのジューシーな肉汁が混ざり合って味はさらにマイルドに。

日本人が抱くメキシコ料理のイメージからはどんどん離れていくが、日本人が甘い和菓子も辛いわさびも好きなように、メキシコ人だってピリ辛な料理ばかりを食べるわけではないのだ。

salsita-mexico16

・バターライスとの相性が抜群
プレートに添えられているライスもバター等のオイルを使用してマイルドな味わいに仕立てられていて、どこを切り取っても口当たりが優しい。食べ進めていくうちにメキシコ料理のイメージがどんどん拡張させていくような感覚に陥った。予想外の美味しさを知れることほど幸せなことはない。実に幸福なひとときであった。

・メキシコの魅力を深く堪能できるレストラン
「サルシータ」には他にもオーソドックスなメキシコ料理だけでなく、一般的なメキシコ料理レストランではお目にかかれないようなメニューが数多く取り揃えられていた。メキシコ料理の新たな一面を知り、メキシコの魅力をより深く堪能できる。「サルシータ」はそんなレストランなのである

もっと詳しく読む: 孤独のグルメ シーズン7 / 東京都港区南麻布のフンディードと鶏肉のピピアンベルデ / サルシータ(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2018/04/20/salsita-mexico/

サルシータ
住所: 東京都港区南麻布4-5-65 広尾アーバンビル B1F
時間: 11:45-14:15 17:30-23:00
休日: 月曜日(月曜祝日の場合は翌火曜日)

東京都港区南麻布4-5-65
Google Mapで開く

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

すごいグルメの新着記事一覧