【悲報】真・女神転生スタッフの新作ゲーム / 資金集まらず発売中止か「幻に終わる」


megaten1

女神転生や真・女神転生シリーズに携わった、伝説的スタッフがふたたび集結。新たなゲームの開発を準備しているものの、資金集めに苦労しており、発売中止の危機にあることが判明した。

・レジェンド的スタッフが集結
その新作ゲームの名は「十三月のふたり姫」といい、女神転生シリーズの世界観を創ったゲームデザイナーの鈴木一也氏、女神転生シリーズのミュージックを奏でた増子津可燦氏、そして「真・女神転生IMAGINE」を支えたプロデューサーの小林正和氏が参加。

・開発しないまま完全終了か
彼らは「十三月のふたり姫」を開発するためクラウドファンディングにて資金調達しているのだが、資金の集まりが悪く、達成できない可能性が出てきたのである。達成額は500万円だが、その金額に達しない場合は「返金して終了」といわれているため、開発しないまま完全終了となる。

13g2

・もうすぐ資金調達が終了
2018年5月2日の段階で約350万円の資金調達がされており、達成金額の500万円まであと約150万円。資金調達が終了するのは11日後であり、非常に時間がない。

・この世に出ることはないのか
あまりにも時間がない状態であり、このままでは開発中止(発売中止)は免れない状態。真・女神転生スタッフが集結した新作ゲーム「十三月のふたり姫」はこの世に出ることはないのだろうか。

ちなみに参加者は、その出資金額のコースによって受けられる特典がさまざまあるようだ。たとえば「十三月のふたり姫」ゲーム本編がもらえたり、描き下ろしの絵を描いてもらえたり、スタッフと飲み会ができる権利などが得られるようである。

もっと詳しく読む: 真・女神転生スタッフの新作ゲーム / 資金集まらず発売中止か「幻に終わる」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/02/megaten-new-game/

参照: 十三月のふたり姫

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ゲームの新着記事一覧