【緊急速報】新潟女児殺害事件の逮捕状男性の詳細が判明 / マスコミ実名報道で名前公開準備「23歳会社員男性で遺棄現場付近に住居」


image3

新潟県新潟市に住む小学校2年生の女児、大桃珠生さん(7歳)が殺害され、線路に遺棄された事件で、新潟県警は新潟市に住む23歳の会社員男性の逮捕状請求をし、まもなく逮捕という状況になっているが、この逮捕状男性に対する新たな情報が入ってきた。警察は実名を公表していないが、すでに逮捕状男性に関する情報が広まっているのである。

・大桃珠生さんの遺体を遺棄
この事件の流れはこうだ。2018年5月7日に下校中に行方不明となった大桃珠生さんは、何者かに連れ去られて殺害。死因は首を絞められたことによる窒息死とされている。その後、大桃珠生さんの遺体を新潟市西区のJR越後線の線路に遺棄し、列車が大桃珠生さんの遺体を轢いた。

・怪しい男性を確保
当初は「誤って線路に入ってしまった事故」とされていたが、新潟県警察署はすぐさま殺人事件と断定。連日の捜査の結果、2018年5月14日7:00ごろ、道の駅「新潟ふるさと村」で事件に関係していると判断された男性を確保。その後警察署に同行してもらい、捜査の結果、この男性の逮捕状を請求することとなった。

・逮捕状が出されるのを待つ状況
その後、逮捕状男性は犯行を自供しており、事件に関与していることが判明。すぐさま逮捕となったので、警察署が実名を公開することになる予定だ。また、現在多くのマスコミが逮捕状男性の実名を報じる準備をしており、まもなく公開される予定だという。

・世間は逮捕状男性に怒りの目
何の罪もない女児の首を絞めて窒息させて殺害し、その後、線路に遺棄して列車に轢かせるという、残虐行為を実行した犯人。いったいどのような人物なのか、いま、世間は逮捕状男性に怒りの目を向けつつ注目している。

また、この逮捕状男性の実名を特定しようとする人たちが現れ、インターネット上で拡散しようとしている人もいるようだ。

もっと詳しく読む: 新潟女児殺害事件の逮捕状男性の詳細が判明 / マスコミ実名報道で名前公開準備(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/14/taiho-niigata-jiken-namae/

※画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧