【緊急事態】新潟女児殺害事件で小林遼容疑者を逮捕 / 殺人鬼は23歳会社員で新潟市在住「普段は会社員として普通の生活」


kobayashi-haruka1

新潟女児殺害事件で、小林遼容疑者(こばやしはるか / 23歳 / 会社員)を緊急逮捕した。小林遼容疑者は2018年5月7日に大桃珠生さん(7歳)を誘拐し、首を絞めるなどして殺害。その後、新潟市西区のJR越後線の線路に大桃珠生さんの遺体を遺棄し、列車に轢かせるなど、異常ともいえる行動をしていた。

・普段は会社員として普通の生活
今回逮捕された小林遼容疑者は、大桃珠生さんが住む新潟市西区の自宅と非常に近い場所に住んでおり、普段は会社員として普通の生活を送っていた。事件後の捜査では「白いクルマ」が不審車として報じられていたが、小林遼容疑者の自家用車は黒っぽいクルマ。それにより、白いクルマは無関係なのではとの声も出ている。

・事件解決へと大きく前進
犯行から約1週間が経過した2018年5月14日の午前7時ごろ、道の駅「新潟ふるさと村」で小林遼容疑者を確保。その場に駐車していた黒っぽいクルマも回収し、事件解決へと大きく前進。そして同日夜21時ごろ小林遼容疑者を緊急逮捕した。


taiho-niigata

・計画性がない犯行
逮捕のきっかけは、小林遼容疑者が事件に関与している供述をしたためで、供述に至る過程では、多数の証拠を提示したのではないかといわれている。今回の事件は計画性がない犯行とも言われており、非常に稚拙な「犯行隠し」だったともいわれている。

・多くの人たちにショックを与えている
小学校2年生という、まだ幼い命を奪った小林遼容疑者。まさに殺人鬼ともいうべき小林遼容疑者の行為は、殺人現場の地域住民だけでなく、多くの人たちにショックを与えている。

余談だが、この事件に関して、小林遼容疑者の名前が報じられる前から、一部の人たちが名前を特定しようと行動し、インターネットで物議をかもしていた。

【続報】
【顔写真判明】新潟女児殺害事件の小林遼容疑者のプロフィールが判明 / 誘拐・殺人・死体遺棄の殺人鬼と判明「新潟工業高校を卒業」

もっと詳しく読む: 新潟女児殺害事件で小林遼容疑者を逮捕 / 23歳会社員で新潟市在住(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/14/taiho-niigata-taiho/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧