【緊急事態発生】新潟女児殺害事件の小林遼容疑者 / 犯人と同級生と名乗るニセ同級生が大増殖「マスコミが騙される」


kobayashi-haruka3

日本中を恐怖と悲しみに包んだ、新潟女児殺害事件。新潟市在住の小学2年生の大桃さん(7歳)が誘拐され、首を絞められて殺害。さらに大桃さんの遺体を線路に置いて列車に轢かせたとして、新潟市の小林遼容疑者(23歳 / 会社員)が逮捕された事件だ。

・SNSに「犯人と同級生だった」と書き込み
小林遼容疑者が逮捕されると、いっせいにマスコミによる知人探しと同級生探しが開始された。特にインターネット上での取材が過熱している。なぜなら、TwitterなどのSNSに「犯人と同級生だった」という人たちが現れたからである。彼らは学生だった当事の小林遼容疑者について書き込みをしており、もっと詳しく知りたいと感じたマスコミが取材を申し込んでいるようなのである。

・同級生のフリをしてマスコミを翻弄
しかし、ここにきて問題が発生した。「犯人と同級生だった」と書き込みした人の多くに、ニセ同級生が紛れ込んでいるのである。そう、同級生ではないのに、同級生のフリをして世間やマスコミを翻弄させ、それを楽しんでいる人たちが多数出現しはじめたのだ。


haruka-kobayashi

・誰が本当の同級生なのか?
実際にニセ同級生の書き込みに騙されたマスコミがいくつかあり、テレビやインターネットニュースとして報じられている。しかしながら、誰が本当の同級生で、誰がニセの同級生か、判断をするのは難しい。

・アニメ好きな小林遼容疑者
実際に同級生や知人と対面して取材をした情報のなかには「小林遼容疑者はアニメ好きだった」との情報もあった。また、小林遼容疑者がインターネット掲示板「2ちゃんねる」に書き込みしていた可能性も浮上している。

【続報】
【衝撃】新潟女児殺害事件の小林遼容疑者が自殺計画 / 自動車内に練炭を用意「自殺防止のため警察が緊急確保か」

もっと詳しく読む: 新潟女児殺害事件の小林遼容疑者 / 犯人と同級生と名乗るニセ同級生が大増殖(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/15/niigata-kobayashi-haruka-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧