【緊急事態】日大アメフト宮川泰介選手が怒りの顔出し暴露「敵選手を潰してこい! やらなきゃ意味ない! と指示された」


amefuto-miyakawa3

日本大学と関西学院大のアメフト試合で、日大アメフトの宮川泰介選手が関西学院大の選手に傷害事件レベルの悪質な反則行為をした事件で、新たな展開があった。宮川泰介選手が記者会見を開き、衝撃的な新事実を語ったのである。

・事実が宮川泰介選手から語られた
2018年5月22日に開催された記者会見では、今まで語られることがなかった事実が宮川泰介選手から語られた。

・本当に潰してこいという意味
コーチや監督らから「監督からクォーターバック(敵選手)を潰してこいと指示された。やらなきゃ意味ないよといわれた」と暴露。気合を入れて頑張れという意味ではなく、本当に潰してこい(ケガをさせてこい)という意味だと感じたという。


amefuto-miyakawa1

・相手に悪いと思っただろ!
そして関西学院大の選手に重傷を負わせる反則行為をした宮川泰介選手。あまりにも辛い罪悪感に悩まされた宮川泰介選手が号泣していたところ、さらに「優しすぎるのがダメなんだ! 相手に悪いと思っただろ!」とブチギレ激怒されたという。

・あまりにも汚い大人たち
また、相手側に謝罪に行こうとしたところ「マスコミは監督を叩きたいだけだから謝罪に行くな」と言われ、監督に言われて止められたという。これが事実であれば、あまりにも汚い大人たちが宮川泰介選手を取り巻いていたことになる。

【続報】
【炎上】日大アメフト宮川泰介選手が極悪な大人たちの実情を暴露「違反行為の指示を断れなかった」「追い詰められていた」

もっと詳しく読む: 日大アメフト宮川泰介選手が怒りの顔出し暴露(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/22/miyakawa-amefuto/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

芸能ニュースの新着記事一覧