【大炎上】日大アメフト傷害事件で日大広報と報道陣が大ケンカでブチギレ激怒 / 日大広報の最悪態度で日大ブランドが地に落ちた


uchida

日本大学と関西学院大のアメフト試合で、日大アメフトの宮川泰介選手(20歳)が、関西学院大のアメフト選手に傷害事件ともいえる悪質な反則行為をした事件で、宮川泰介選手が記者会見で真実を語った。

・日大ブランドが地に落ちた瞬間
その後、日大の内田正人前監督(62歳)と井上奨コーチ(30歳)も記者会見を開き、そのなかで衝撃的な展開があった。報道陣から内田正人前監督と井上奨コーチに対する質問が殺到するなか、日大広報部の米倉久邦氏が報道陣に対してブチギレ激怒。さらに報道陣も米倉久邦氏にブチギレ激怒。米倉久邦氏の誠意のない態度により、日大ブランドが地に落ちた瞬間が全国に報じられた。

・報道陣も烈火のごとくブチギレ激怒
米倉久邦氏が阿修羅のごとく憤怒してブチギレ激怒した理由は、複数の報道陣が1度に5回もの質問を連続して聞いてきたため。米倉久邦氏は「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切ります」と、あてつけのような態度で報道陣が嫌がる発言をし、それに対して報道陣も烈火のごとくブチギレ激怒し、怒号が飛び交った。以下のような流れとなった。

・米倉久邦氏と報道陣の会話
米倉久邦「同じ質問が繰り返されてるので会見を打ち切ります!」
報道陣「納得いかないっ!」
報道陣「まだ質問させろっ!」
報道陣「みんな見ているんだ! あなたのせいで日大のブランドが落ちますよ!」
米倉久邦「落ちません!」

・米倉久邦氏の「腹の虫の居所が悪い」という理由
この記者会見は、内田正人前監督と井上奨コーチが真実を話す場として設けられた場だ。にもかかわらず、消化不良なまま、真実がすべて語られないまま、米倉久邦氏の「腹の虫の居所が悪い」という理由で打ち切られるのはナンセンス。

・ふたりの発言を信じている人は少ない
その後、報道陣の要望が通り、記者会見が延長。約2時間ほど内田正人前監督と井上奨コーチが真実を語った。しかし、ふたりの発言を信じている人は少なく、多くの人が「嘘をついている」「大人気ない」と感じたようである。そんなふたりのネガティブイメージに対して米倉久邦氏が拍車をかけたかたちとなった。

もっと詳しく読む: 日大アメフト傷害事件で日大広報と報道陣が大ケンカでブチギレ激怒 / 日大広報の最悪態度で日大ブランドが地に落ちた(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/24/nichidai-amefuto-koho/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧