【炎上】日大アメフト傷害事件で監督ウソ確定 / 保身のため学生を悪人にしようとした監督とコーチの腐れ根性に怒りの声


image76

日本大学と関西学院大のアメフト試合で、日大の宮川泰介選手(20歳)が、関西学院大の選手に傷害事件ともいえる悪質な反則をした事件で、宮川泰介選手が記者会見で真実を語った。その後、日大の内田正人前監督(62歳)と井上奨コーチ(30歳)も記者会見を開き、そのなかで衝撃的な展開があった。

・「そんな指示はしていない」とコメント
宮川泰介選手は、内田正人前監督と井上奨コーチの指示で反則行為をしたと激白していたが、内田正人前監督と井上奨コーチはそれを完全否定。まるで宮川泰介選手が嘘をついているかのごとく「そんな指示はしていない」とコメントしていた。

・「反則は監督とコーチの指示だった」と認定
しかしながらその後、関東学生連盟規律委員会が「反則は監督とコーチの指示だった」と認定する方針を固めた。つまり、宮川泰介選手は内田正人前監督と井上奨コーチが指示したために反則行為をしたと断定されたのである。

・悪人に仕立て上げようと企んでいた
よって、内田正人前監督と井上奨コーチが保身のために嘘をつき、宮川泰介選手ひとりを悪人に仕立て上げようと企んでいたともいえるのだ。ふたりの嘘に世間の人たちガチギレ激怒。30歳と62歳の大人が、20歳の学生を陥れようとしたのだから当然である。

・地獄のような日々が訪れる
本来ならば、前途有望な学生をより良い道に導かなくてはならない指導者が、保身のために学生を陥れようとしていた事実。今後、内田正人前監督と井上奨コーチには地獄のような日々が訪れるのは間違いないとも言われている。

もっと詳しく読む: 日大アメフト傷害事件で監督ウソ確定 / 学生を悪人扱いした監督とコーチの腐れ根性に怒りの声(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/05/26/amefuto-nichidai-kantoku/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧