【緊急事態】紀州のドンファン怪死 / 家政婦・竹田純代が実名で登場! 犯人扱いされて苦悩「潔白を証明したい」


donfan-kishu1

世界中の美人女性4000人に30億円を貢ぎ、最近は22歳の若妻と結婚した紀州のドンファンこと野崎幸助氏(77歳)が怪死した件で、衝撃的な展開があった。死亡時、同じ家にいた家政婦がマスコミに対して実名を晒して登場したのである。

・家政婦が犯人扱いされて疑われている
野崎幸助氏の死因は、覚せい剤摂取による急性循環不全とされており、第三者が覚せい剤を食品に入れて殺害したのではないかと言われている。野崎幸助氏が自宅で死亡した際、同じ場所にいたのは家政婦と若妻のみ。マスコミや世間は「家政婦と若妻が犯人の可能盛大」という流れで話が広がっており、家政婦が犯人扱いされて疑われているのである。

・潔白を証明するため実名
そんな状況に耐えられなくなった家政婦は、竹田純代さん(66歳)。もともと実名を隠していたが、あまりにも犯人扱いが酷いため、苦悩し、潔白を証明するため実名をマスコミに晒したのである。


donfan-kishu

・六本木クラブの美人ホステス
竹田純代さんは30年前に六本木のクラブで美人ホステスをしている時代、野崎幸助氏と出会ったという。よって、かなり以前から交流がある親しい女性と言える。しかしながら、野崎幸助氏が怪死した際に同じ家にいたのは竹田純代さんと若妻のみ。疑われている状況なのは確かだ。

・昼食にはしゃぶしゃぶ
野崎幸助氏が怪死した日、昼食にはしゃぶしゃぶやうどんを食べ、ビールを飲み、サプリカプセルや栄養ドリンクを飲んだという。そのなかに覚せい剤が含まれていたのかどうか、大きな注目が集まっている。

【続報】
【犯人疑惑】紀州のドンファン怪死で家政婦・竹田純代さんブチギレ激怒「私は殺してない! 給料もらえないし死なれたら困る」

もっと詳しく読む: 紀州のドンファン怪死 / 家政婦・竹田純代が実名で登場! 犯人扱いされて苦悩(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/06/donfan-kishu-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧