【炎上】イケダハヤト逮捕の可能性 / 警視庁が仮想通貨の無断マイニング捜査開始「不法な資産運用を画策か」「自分は消耗せず他人を消耗」


image

インターネットサイトにアクセスした読者のパソコンを勝手に自動操作し、仮想通貨を得る行為「マイニング」をしていたとして、全国の県警が不正指令電磁的記録保管などの容疑で3人を逮捕し、さらに13人を書類送検した件で、新たな展開があった。

・逮捕された容疑者らとほぼ同様の行為か
ブロガーのイケダハヤト先生(池田勇人 / 30歳)がマイニングをしていた事が判明し、「イケダハヤト先生も逮捕の対象では」「自分は消耗せず他人を消耗させていた」との声があがっているのである。

・「確実にマイニングをしていた」ことが判明
この騒動はマイニング疑惑ではなく、イケダハヤト先生自身がマイニングをしていたことを認めており「確実にマイニングをしていた」ことが判明している。なおこれらのマイニング行為は違法として警視庁が声明を発表し、逮捕者も出ている。よってイケダハヤト先生は逮捕された容疑者らとほぼ同様の行為をしていた可能性がある。


ikehaya

・逮捕者と同様の罪に問われるのではないか
今回逮捕された容疑者たちは「Coinhive」(コインハブ)と呼ばれているシステムをサイトに設置し、サイト読者にマイニングすることを告知せずマイニングしたことが悪質として逮捕に至ったが、イケダハヤト先生は自身のサイト全ページでマイニングの告知をせずに「Coinhive」でマイニングをしており、同様の罪に問われるのではないかと言われている。

・毎月数百万ものページビュー
イケダハヤト先生のサイトは毎月数百万ものページビューを記録しているといわれており、マイニングされていることを知らずにアクセスし、勝手にパソコンをマイニング利用された読者は少なくない可能性がある。以下は、イケダハヤト先生の公式Twitterのコメントである。

・イケダハヤト先生のコメント
「Coinhiveを20分動かしてみたときの話はこちら。これが「ウイルス」になるというのは違和感あるけどね~。先の記事にもあったけど、そんなこと言い出したらほとんどウイルスじゃない?w」
「読者のCPUを借りてマイニングをしてみたら、なんか面倒な人たちが湧いていることに気づいた。こういう人たちが実験とイノベーションを阻害するわけですな」

・法的に合法かどうかについては語らず
この件に関してイケダハヤト先生は「新しい取り組みにはなんだってリスクはあるんですよ」とコメントしているが、法的に合法かどうかについては語っておらず、精神論的な話をするだけに留まっているようにも感じる。

また、イケダハヤト先生は「Coinhive」を20分ほど動かしていたと話しているが、違う書き込みでは12時間動かしたと書き込みしており、実際には12時間も動かしていたのではなとかと指摘する声もあがっている。

・イケハヤを犯罪者にするチャンスやで
しかしながら、イケダハヤト先生には妙な自信があり、「アンチがんばれ! イケハヤを犯罪者にするチャンスやで」と挑発するかのようなコメントもしている。イケダハヤト先生は非常に人気のあるカリスマ的人物であり、まさにハイパーメディアクリエイター。言葉にしないだけで、逮捕されない根拠がしっかりとあるのかもしれない。

・素晴らしい地域が悪評で汚されなければよいのだが
ちなみに、イケダハヤト先生が住んでいる高知県は、素晴らしい大自然が広がる地域。食堂では貴重な「嶺北牛」が食べられ、さらにオシャレなカフェまで営業している癒やしの国。このような素晴らしい地域が悪評で汚されなければよいのだが。

もっと詳しく読む: イケダハヤト逮捕か / 警視庁が仮想通貨の無断マイニング捜査(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/14/mining-virtual-currency-ikeda-hayato/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧