【炎上】プールのブロック塀が倒壊して死亡した9歳女児 / 天災ではなく人災だと判明「失わないで済む命だった」


kabe-osaka-earthquake

2018年6月18日午前7時58分に発生した大阪地震は、大阪府北部が震源地のマグニチュード6.1(震度6弱)の地震として、非常に甚大な被害を関西に与えた。

・ブロック塀の下敷きになり犠牲
現時点で4人が死亡したこの天災だが、なかでも痛ましいといわれているのが9歳の女児がプールのブロック塀の下敷きになり犠牲になった出来事である。

・建築基準法が守られていなかった
この女児の死は大阪地震による天災で亡くなったのではなく、人災によって亡くなったことが判明したのである。ブロック塀の基準は建築基準法により厳しく定められているのだが、今回のプールのブロック塀は建築基準法が守られていなかったのである。


kabe-osaka-earthquake2
movie-of-the-osaka-earthquake

・倒れて当然の状態
よって、地震がくればいつ倒壊してもおかしくない状態であり、今回のような震度6弱のような強烈な地震に耐えうる状態ではなかったのである。そう、倒れて当然の状態であることが高槻市教育委員会により判明したのだ。

・ふたつの建築基準法違反
プールのブロック塀はの高さは3.5メートルだったが、建築基準法では1.2メートル越えのブロック塀は崩れないように控え壁を作る必要がある。また、塀の高さは2.2メートルまでという基準も無視して作られており、ダブルで建築基準法違反な状態だったのである。

・世間から怒りの声
しっかりと建築基準法を守って作られたブロック塀であれば、倒壊する可能性が低くなっていたのは間違いなく、世間からは「死亡した9歳女児は失わないで済む命だったともいえる」との声が出ている。ずさんなブロック塀の管理に、世間から怒りの声があがっている。

・複数の衝撃動画がインターネット上に掲載
今回の大阪地震では、水道管が大爆発を起こしたり、電車に2時間以上閉じ込められて酸欠者が出たりするなど、たくさんの惨事が発生。さらにほかにも、複数の衝撃動画がインターネット上に掲載され、物議をかもしている。

【続報】
【放送事故動画】大阪地震でNHKが勝手に生放送し炎上 / 視聴者ブチギレ激怒! 学校関係者「勝手に撮るのは困る!」

もっと詳しく読む: プールのブロック塀が倒壊して死亡した9歳女児 / 天災ではなく人災だったことが判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/19/block-osaka-earthquake/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧