【衝撃】プロ漫画家が任天堂に100万円を払ってトランプを作った件


mangaka

プロ漫画家がテレビゲームや玩具などで有名な任天堂に約100万円を支払い、オリジナルトランプの作成を依頼。なんと、1000個も生産したことが判明した。将来的にファンに向けての販売を視野に入れているという。

・彼は自腹で任天堂に100万円払う
任天堂に約100万円を支払ってトランプを作ってもらったプロ漫画家は、コロコロコミック系漫画雑誌や「おはスタ」(テレビ東京)などのキャラクターデザインで有名なピョコタン先生(40歳)。彼は自腹で任天堂に約100万円を支払い、自分がデザインした絵柄のトランプを作ってもらったのである。

・高品質のトランプ
実際に実物を入手して調べてみたところ、かなり精度が高く、そして高品質のトランプであることが判明。さわり心地が良く、ゲームをする際もスムーズに配ったり、取り扱うことができそうだ。


mangaka3
mangaka4
mangaka2
mangaka5
mangaka1
mangaka

・ピョコタン先生の絵
トランプの表面はすべてピョコタン先生の絵柄になっており、ファンとってはたまらないコレクターズアイテムになっている。裏面はジョーカー、ジャック、クイーン、キングなどがピョコタン先生の絵になっており、これもまた嬉しいかぎり。

まさにファンのマストアイテム
さらに凄いのが、ジョーカーがピョコタン先生自身の実写の写真になっている点。ピョコタン先生はニコニコ生放送やYouTubeなどで活躍しており、その姿をカリスマとして崇めているファンもいるため、まさにファンのマストアイテムと言えるだろう。

もっと詳しく読む: プロ漫画家が任天堂に100万円を払ってトランプを作った件(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/20/mangaka/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧