【革命】蒙古タンメン中本で激辛ラーメンを食べてもお尻が痛くならない方法 / 美人ラーメン二郎マニア「既に知ってる」


shining-debu-ramen-jiro-nakamoto

日本でもっとも美味しい激辛ラーメンの名店といえば「蒙古タンメン中本」だ。最近は女性客も増加しており、辛すぎて舌がヒリヒリするにもかかわらず、激辛ラーメンをすすっている女性客の姿を目にすることが多くなった。

・お尻が熱くなったり痛んだりする原因
それほど激辛で絶品な「蒙古タンメン中本」だが、たったひとつだけ問題点がある。あまりにも辛すぎて、トイレでお尻がヒリヒリすることがあるのだ。唐辛子の激辛成分カプサイシンは体内に吸収されにくく、ダイレクトにそのままお尻から出てくる。よって、唐辛子をお尻の粘膜にこすりつけた状態となり、熱くなったり痛んだりするのである。

・痛みを我慢しなくちゃいけないの?
食べたときだってヒリヒリして痛いのだから、それがお尻に付着したら痛くて当然だ。とはいえ「じゃあ蒙古タンメン中本を食べるなら痛みを我慢しなくちゃいけないの?」などと悩まなくていい。実は、お尻を痛くせず「蒙古タンメン中本」を食べる方法があるのだ! 生粋の蒙古タンメン中本マニアのゴリモヒン氏(年齢非公開)は、お尻が痛くならない方法を以下のように語る。


shining-debu-ramen-jiro-nakamoto1
gorimohin

・蒙古タンメン中本マニアのゴリモヒン氏コメント
「毎日のように北極8倍ラーメンを食べていたら甘口に感じるようになったので、最近は北極10倍ラーメンを食べていますが、まったくお尻が痛くなることはありません。食前にバニラアイスを食べるだけです。ソフトクリームでもいいですよ。ただしバニラ味にてください。そうすることでお尻の痛みがなくなったり、軽減されます。普通の牛乳やヨーグルトよりバニラアイスを推奨します。なぜならバニラアイスは脂溶性という点において優秀だからです。カプサイシンを包み込むのだと推測しています。ちなみに食前にバターを食べてもお尻の痛みが軽減しますし、食後のバニラアイスは口の中の辛さを消してくれますよ」

・バニラシェイクでも効き目あり
なんと! まさかバニラアイスを食べるとお尻の痛みがなくなったり軽減するとは思わなかった! そもそも乳製品はカゼインの影響で辛さを抑えるともいわれている。これからは「蒙古タンメン中本」の前にバニラアイスという習慣が定着するかもしれない。ちなみに、マクドナルドやロッテリアなどのバニラシェイクでも効き目があるようだ。

・美人すぎるラーメン二郎マニア
ちなみに「美人すぎるラーメン二郎マニア」として知られているシャイニングデブさんも、蒙古タンメン中本で激辛ラーメンを食べてもお尻が痛くならない方法を知っているとのこと。やはりグルメな人は痛み対策も万全のようだ。また、蒙古タンメン中本マニアの美容関係者Aさんに話しを聞いたところ、以下のように話していました。

・蒙古タンメン中本マニアの美容関係者Aさんコメント
「野菜ジュースや牛乳も激辛対策に効果がないとはいいませんが、吸収されなかった唐辛子のカプサイシンがお尻から出てきたら痛みは生じます。そこで私が使用しているのはワセリン。あくまで私の経験上ですが、ワセリンをお尻に塗ると痛みが減る気がします。おそらくシャイニングデブさんは女性なのでリップクリームを持ち歩いているでしょうから、それをお尻の周りに塗ってるのではないでしょうか」

もっと詳しく読む: 蒙古タンメン中本で激辛ラーメンを食べてもお尻が痛くならない方法(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/22/moukotanmen-nakamoto/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

雑学・まめ知識の新着記事一覧