【ネット殺人】福岡ブロガー刺殺事件の犯人・低能先生が「はてブ」本社を襲撃計画か / 犯行声明で判明「Hagex氏が犠牲か」


hatebu-hagex

2018年6月24日(日)20時ごろ、福岡県福岡市の旧大名小学校跡地でインターネットセキュリティー会社スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が背中を刃物で刺され死亡した事件で、とんでもない情報が入ってきた。

・殺害の犯行声明
犯人の正体は、岡本顕一郎さんがHagexの名で執筆していたブログ「Hagex-day info」内で低能先生と馬鹿にされていた人物との情報が入っているが、20時ごろに岡本顕一郎さんを殺害後、警察に出頭する24時ごろまでの3~4時間の間に「殺害の犯行声明」をブログに書き込みしていたとの情報がある。

・はてなブックマーク本社に襲撃計画
そのブログには岡本顕一郎さんの命を奪ったことに対する心情が書かれているといわれているが、さらにインターネットサービス「はてなブックマーク」本社を襲撃する計画があったことも暴露しているのだ。つまり犯人は岡本顕一郎さんを殺害後、その足で「はてなブックマーク」本社に乗り込み、なんらかの犯罪を起こそうと考えていた可能性があるのだ。


hagex-image

・殺害して逃げた時点で体力の限界
犯人と思われる人物は「ただほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた 事前の予定では東京までいってはてな本社にこんにちはするつもりだったが、もう無理 足つってるし」とブログに書き込みしており、岡本顕一郎さんを殺害して逃げた時点で体力の限界を感じ、襲撃をやめたようである。結果的に岡本顕一郎さんだけが犠牲となったのだ。

・触発された者たちがリアル世界で暴力行為
現時点で事件に関する公式な情報は少なく、あくまで推測の域を出ないが、もしこの犯行声明が事実であれば、不安が募るのは人気ブロガーやネット有名人たちだ。今回の事件で触発された者たちがリアル世界で暴力行為に及び、犯罪に手を染める可能性が出てきたからだ。

・間違いであってほしい
岡本顕一郎さんがHagexの名で運営していたブログは、多くの人たちに愛されており、そして話題を呼ぶ内容だったといわれている。それゆえ、岡本顕一郎さんの死を悲しむ人が多くおり「Hagexが死んだなんて信じたくない」「間違いであってほしい」と思っている人が多いようだ。

【続報】
【ネット殺人】福岡男性刺殺事件の詳細判明 / Hagexこと岡本顕一郎氏が松本英光容疑者にトイレで殺害「死なせてやろうと思った」

もっと詳しく読む: 福岡ブロガー刺殺事件の犯人が「はてなブックマーク」本社を襲撃計画か / 犯行声明で判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/25/hagex-hatena-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧