【福岡ブロガー刺殺事件】犯人・低能先生にトイレで刺殺されたHagex氏 / 昼間に「天才的IQのMENSA会」に参加していた事が判明


hagex-image2

2018年6月24日(日曜日)20時ごろ、福岡県福岡市の旧大名小学校内で、インターネットセキュリティー会社「スプラウト」スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が、松本英光容疑者(42歳 / 無職)にトイレで背中をナイフで刺され死亡した。

・「低能先生」と呼ばれて強いバッシング
岡本顕一郎さんはHagexというニックネームでインターネットブログを執筆しており、そのなかで松本英光容疑者は「低能先生」と呼ばれて強いバッシングを受けていた。それに対して深い恨みを持ち、岡本顕一郎さんの殺害に至ったことが判明している。

・計画的に岡本顕一郎さんを殺害か
インターネット上の恨みがリアル世界での殺害に至った日本では極めて異例な事件だが、松本英光容疑者は計画的に岡本顕一郎さんを殺害しようと考えていたようで、岡本顕一郎さんを殺害後、インターネット上に犯行声明まで書き込みしていた。


news

・昼間はイベントに参加していたHagex氏
岡本顕一郎さんの死という非常に悲しい結末となってしまったが、実はこの事件当日の昼間、岡本顕一郎さんは「ネットの嘘を楽しめ!~福岡プロオフ5「Hagex-day.info」管理人 Hagex 氏~」というイベントに参加していた事が判明した。

・極めて高い知能指数(IQ)を有する者の会
この会は、MENSA(メンサ)会員と呼ばれる地球上の全人口のうちたった2%しか存在しない「極めて高い知能指数(IQ)を有する者」だけが参加できる会。岡本顕一郎さんはMENSA会員ではないが、今回はゲストとして13:00~15:00の時間帯にこの会に参加していた模様。

mensa-hagex

・誰も予測できなった殺害計画
このイベントに参加したMENSA会員の数人は、夜の岡本顕一郎さんのセミナーにも参加したようだ。残念ながら天才的頭脳を持つMENSA会員でも今回の事件を予測することはできなかったが、まさかインターネット上の恨みを晴らすためナイフで刺し殺す計画を立てている人がいるとは、誰も予測できなったに違いない。

・死なせてやろうと思った
岡本顕一郎さんを殺害したことに関して松本英光容疑者は「死なせてやろうと思った」と警察に話しており、最初から「恨みさえ晴らせれば警察に捕まってもよい」という考えで殺害に至ったと思われる。あまりにも凶悪かつ身勝手な犯罪行為に、多くの人たちが怒りを露にしている。

・まさに自爆覚悟の殺害
また、松本英光容疑者は「はてブ」本社も襲撃する予定だったことが判明している。まさに、自爆覚悟の殺害といえよう。

もっと詳しく読む: 福岡ブロガー刺殺事件で殺されたHagex氏 / 事件当日昼に「天才的IQのMENSA会」に参加していた事が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/25/hagex-mensa-event-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧