【ネット殺人】福岡ブロガー刺殺事件の詳細判明 / Hagexこと岡本顕一郎氏が松本英光容疑者にトイレで殺害される「死なせてやろうと思った」


hagex-image1

2018年6月24日(日曜日)20時前後、福岡県福岡市の旧大名小学校内で、インターネットセキュリティー企業「株式会社スプラウト」スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が、松本英光容疑者(42歳 / 無職)に背中をナイフで刺され死亡した。

・セミナー終了後に事件発生
この日、岡本顕一郎さんはITセミナーの講師として17時ごろに旧大名小学校の会議室を訪れ、17時45分からセミナーを開始。インターネットメディアやブログに関する講演をし、19時30分に終了。そしてそのあと事件が発生した。

・交番に松本英光容疑者が出頭
20時前後に岡本顕一郎さんが用を足していると、そこに松本英光容疑者が出現。背中をナイフで深々と刺し、致命傷を与えて殺害した。松本英光容疑者は自転車に乗ってその場から一目散に逃亡したが、23時前後、福岡市東区の交番に松本英光容疑者が出頭。その後、警察署にて逮捕された。


fukuoka1

・死なせてやろうと思った
松本英光容疑者は警察の取り調べに対して「インターネット上でHagexを恨んでいた。死なせてやろうと思った」と話しており、物議をかもしている。Hagex(ハゲックス)とは、岡本顕一郎さんがインターネット上で語っていた自身のニックネームで、インターネット上の出来事などをまとめるブログなどを運営していた。

・ネットで深い恨みを持っていた
岡本顕一郎さんは自身のブログ「Hagex-day info」などで松本英光容疑者のことを「低能先生」と呼び、松本英光容疑者の行為や発言を批判する書き込みをしており、それに対して深い恨みを持っていたと推測されている。

hagex-image

・出頭する直前にブログ更新
岡本顕一郎さんに対する強い恨みを感じる行為として、松本英光容疑者は出頭する直前、自身のインターネットブログに「犯行声明と恨み文書」を書いて掲載しており、物議をかもしている。

・批判されても仕方がない行為
岡本顕一郎さんはブログで松本英光容疑者を厳しく批判し、ときには罵っていたが、そもそも松本英光容疑者はインターネット上の素行が悪く、批判されても仕方がない行為をしていたとされている。また、松本英光容疑者は「はてブ」本社も襲撃する予定だったが、体力が尽きて断念した。

【続報】
【福岡ブロガー刺殺事件】犯人・低能先生にトイレで刺殺されたHagex氏 / 昼間に「天才的IQのMENSA会」に参加していた事が判明

もっと詳しく読む: 福岡男性刺殺事件の詳細判明 / Hagexこと岡本顕一郎氏が松本英光容疑者にトイレで殺害(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/06/25/hagex-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧