【衝撃】IT社長が集まる六本木のawabar(アワバー)がヤバイ! マツコ・デラックスも驚く隠された6つの秘密


awabar01

皆さんは東京・六本木にあるスタンディングスタイルのスパークリングワインバー「awabar(アワバー)」をご存知だろうか。スパークリングワインのバーで立ち飲みというのは珍しいかもしれないが、それ以上に驚くべき要素が存在する。

・IT社長ばかりが集まる立ち飲みバー
六本木という土地柄か、なぜかawabarにはIT社長ばかりが集まるという環境となっている。もちろんIT社長しか入れないわけではなく、一般客も入店可能なのにだ。いったい何故なのだろうか。awabarにまつわる秘密を6つ紹介しよう。

1. IT社長がオープンした店舗だった
awabarをオープンさせたのはさくらインターネット株式会社の共同創業者である小笠原治氏。オープン当初は小笠原氏の友人が中心に集まり、自然と常連になっていったため、IT社長ばかりが集まる場と化していったのである。

2. awabarの出会いをきっかけに事業提携や買収に発展
IT業界と言っても非常に広い。awabarには多くのIT社長が集まり、普段は関わりがない人達がフラットに会話できるため、awabarでの出会いが事業提携や買収に発展することも少なくなかったそうだ。awabarがIT業界の発展に大きく貢献したと言っても過言ではないのかもしれない。

3. 六本木の街並みが変わるきっかけに
awabarのヒットにより、キャバクラやクラブという「夜の街」を象徴する店がどんどん減り、スタンディングバーや居酒屋が増え始めている。awabarが六本木のイメージを大きく変えてしまったのかもしれない。

awabar02

4. 東日本大震災をきっかけに集いの場へと変貌
awabarは当初「女性が一人でも気軽に飲める場所」を目指していたのだが、2011年に発生した東日本大震災をきっかけに小笠原氏が積極的にSNSで「今日はawabarにいる」などと発信して人と人が交流しやすい環境へと変えていった。これもawabarがIT社長の集う場へと進化するきっかけになったといえる。

5. 良心的な価格設定がITの社長を集めた
IT社長といえど既婚者は小遣い制で生活をしている人もいたり、毎晩のように高額な飲み代を払うのは難しいという人も少なくない。awabarは品揃えが豊富であり、もちろん高級なスパークリングワインも用意されているが、安価な商品も取り揃えられている。足の運びやすさもIT社長を集めやすかったと言えるだろう。

6. メルカリはawabarがなければヒットしなかった?
メルカリの代表取締役である山田進太郎氏や取締役の小泉文明氏もawabarの常連だったが、頻繁に足を運んでいたのはメルカリがヒットする前。awabarで多くのITの社長たちからヒントを得て、メルカリを日本最大級のフリマアプリに進化させたのかもしれない。

・マツコも驚きを隠せない
awabarは2018年7月21日に放送された「マツコ会議(日本テレビ系列)」で紹介され、マツコ・デラックスが衝撃を受けた様子が報じられた。マツコほどの人物が驚くIT社長たちの世界を知りたい方は一度awabarに足を運んでみるといいかもしれない。

もっと詳しく読む: 【衝撃】IT社長ばかり集まる六本木のawabar(アワバー)が凄い! マツコ・デラックスも驚く隠された6つの秘密(バズプラス Buzz Plus)

http://buzz-plus.com/article/2018/07/23/roppongi-awabar/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

注目ニュースの新着記事一覧