【緊急事態】都立大学付近で二刀流の包丁男が大暴れ / 警官がボコボコにして逮捕する動画が衝撃「クロネコヤマトスタッフも殴って逮捕協力」


kiken2

2018年7月30日(月曜日)午前、東京都の都立大学付近で包丁のようなものを持った男が暴れだした。急遽、かけつけた警察官らに警棒でボコボコにされ、確保されるようすが動画で撮影され、大きな注目を集めている。

・住民は包丁男から見えない場所に逃げる
物議をかもしているのは、東急東横線の都立大学駅付近に現れた、包丁のようなものを持って暴れている男性。危険を察知したのか、周囲には人はおらず、住民は包丁男から見えない場所に隠れている。

・包丁男は二刀流
通報を受けた警察官が早急に現場に急行。警察官は男性と女性がおり、ふたりとも警棒を持って包丁男に応戦。包丁男は二刀流で、片手に金属製の棒のような武器を持ち、もう片手に包丁のような刃物を持っていた。金属製の棒のような武器は、警官から奪った警棒ともいわれている。


kiken1
kiken
kiken2
kiken3

・二刀流のスキルをもった包丁男に戦いを挑む住民
警察官がかけつけ、包丁男を警棒でボコボコにしている最中、隠れていた住民が姿を現し、包丁男の確保に協力していた。また、仕事中のクロネコヤマトスタッフも犯人をボコボコに殴って犯人を抑止するなど確保に寄与していた。

・犯人確保に寄与した住民たち
警察官ふたりでは確保できなかった可能性もあるが、とはいえ普通の住民が二刀流のスキルをもった包丁男に戦いを挑むのは危険であり、本来ならばやめたほうが良い。しかし犯人確保に寄与した住民やクロネコヤマトスタッフに敬意を表したい。

・現代社会の日本で発生した事件
まるで海外で起きた事件のように思えるが、これは現代社会の日本で発生した事件であり、防犯訓練のようすでもなければ、ドラマの撮影でもない。なんとも衝撃的な事件と動画に、多くの人たちがショックを隠しきれずにいる。

kiken8

もっと詳しく読む: 都立大学付近で包丁を持った男が大暴れ / 警官が警棒でボコボコにして逮捕するようすが動画で撮影される(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/07/30/video-to-arrest-a-dangerous-person/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧