【炎上】ボクシング山根明会長が生放送に出た理由は暴力団森田組の元組長から脅迫されてるからと判明「三日以内に引退しないと山根の過去バラす」


yamane

2018年8月3日(金曜日)に放送された報道バラエティ番組「スッキリ!」に、日本ボクシング連盟会長の山根明氏(78歳)が出演。その場で、一連の審判恫喝事件や、横領事件、そして数々のスキャンダルについて語る予定だったが、最初に出た言葉は、自身の家族に対する謝罪の言葉だった。

・まったく反省していないようす
しかし山根明会長に対して告発文を提出した333人に対しては徹底批判。山根明会長を批判しているプロボクサーの村田諒太選手に対しては、むしろ「生意気だよ!!」と一喝して批判。いっさい反省の弁はなく、徹底的に批判するだけで終わった。

・元暴力団の組長に脅されて生放送に出演
そんななか、山根明会長がインタビュー終盤に衝撃的な発言をし、日本全国を振るわせた。なんと、元暴力団の組長に脅され、仕方なく生放送の取材を受けることにしたのだという。以下は、山根明会長が生放送で語ったコメントである。

・山根明会長のコメント
「なぜテレビの生放送に出たのか、それには理由があります。昨日、元暴力団森田組の組長が私の知人を朝方の2時ごろ呼んで、話を山根に言っとけと。三日以内に引退しないと、山根の過去をバラすぞと脅迫を受けました。だから僕は立ち上がったんです!」

・脅されて仕方なく生放送に出た
つまり、本来ならば何があろうと生放送で弁解するつもりはなかったが、元暴力団の組長に脅されたこともあり、身の危険を感じ、仕方なく生放送に出たということになる。また、元暴力団が暴露しようとしている「過去の山根の情報」とは何なのか。それは山根明会長の在日韓国人時代のことなのではないかとの話も浮上している。

・カリスマ性をいつまで保持できるのか
謝罪は親族に対してのみ。生放送も保身のために出演。ある意味、自分のためだけに生きているようにしか思えないとの声も出ているが、皆さんはどうお思いだろうか。自身を「カリスマ山根」と呼ぶ彼だが、そのカリスマ性をいつまで保持できるのか、大きな注目を集めている。

【続報】
【炎上】ボクシング山根明会長が生放送で放送事故レベルの発言「澤谷を知ってるか 前科者ですよ!」「暴力ふるって除名処分受けた人間」

もっと詳しく読む: カリスマ山根明会長が生放送に出た理由は元暴力団の組長から脅迫されていたからと判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/03/yamane-boxing-intimidation-gangsters/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧