【暴力事件】 彼女のパンティはいてバイト行ったら彼女にブチギレ激怒されてブン殴られた件

これもDVなのか?


panties-baito_03

昨今は家庭内暴力やDVなどが問題になることが多いですよね。家庭内の問題や夫婦間、彼氏彼女間のトラブルを解決させるために暴力を使うなんて、確かにとんでもなく悪質ですし、絶対にやってはいけない行為です。

・過去にDVを受けたかもしれない
私は現在38歳の独身男性なのですが、今こうして暴力やDVのニュースを見聞きすると、私が10年以上前に交際していた彼女から受けていた仕打ちも、もしかしたらDVだったのではないかと思えてきました。

もちろん今さら彼女を責める気はないし、彼女の連絡先すらわかりません。でも彼女から受けた行為がDVかどうかだけは明らかにしたいし、多くの人に事実を知ってほしい。僭越ながらこの場を借り、報告させていただくことにしました。

・彼女とは半同棲していた
当時の私はハンバーグレストランで週4日ほどアルバイトをしていて、3歳下の彼女は浜松町のオフィスで事務職に就き、週末だけ私の家に遊びに来てくれていました。普段彼女はとても温厚で、暴力を振るうような人ではなかったのですが、事件は突然に起こってしまったのです。

・彼女のパンティーを借りてバイトに行く
確か15時から21時くらいでバイトが入っていた日でした。昼前に起きた私はシャワーを浴び、着替えてバイトに行こうかと思ったら、洗濯をしばらくサボっていたせいで自分のパンツが1枚もなくなっていたのです。仕方がないので私は彼女のパンティを拝借し、彼女のパンティーをはいてバイトに向かいました。

・疲れて帰宅すると彼女が遊びに来ていた
レストランのキッチンは結構な肉体労働です。火をたくさん扱うので温度が高く、常に汗はダラダラ出てきますし、肉の煙が下着にまでガッツリ染み込みます。焼肉屋などで食事をすると煙で服が臭くなるので、入口に消臭スプレーを置いてあったりしますが、キッチンで仕事をするとスプレーではとてもごまかせないほど臭くなるのです。

私はこの日も汗まみれ肉臭まみれになって帰宅しました。すると、週末ではなかったのに珍しく彼女が遊びに来ていたのです。

・風呂でパンティを借りたことがバレる
私は「とりあえず風呂でも入ろうぜぇ」と彼女を誘い、一緒に家の狭い風呂に入ることになったのですが、私は彼女のパンティーを勝手に借りてはいていることをすっかり忘れていました。私がズボンを脱ぐと、彼女は急に低いトーンで「なにそれ」と言い、私がなぜ彼女のパンティーをはいているのかを問い詰めてきたのです。

・正直に伝えてもボコボコに殴られた
私はすべてを正直に打ち明けました。バイトに行こうと思ったら自分のパンツがなかったこと。洗ってあったのは彼女のパンティーしかなかったこと。思いのほか彼女のパンティーがフィットしたこと。何も隠さずに伝えたのですが、彼女は「言い訳するんじゃねえ」とブチギレ大激怒。

「私のはくパンティーがないだろ」「パンティーが肉臭くなるだろ」「パンティーのゴムが伸びるだろ」など文句をぶちまけ、グーでボコボコに殴られました。結局彼女はそのまま帰宅。温厚な彼女がここまでブチギレするとはびっくりでした。

・後日、洗濯して返しても殴られた
彼女をそこまで怒らせてしまって申し訳ないという一心で、私はパンティーをコインランドリーで洗濯し、翌日彼女の職場まで持って行って謝罪したのですが、そこでもボコボコに殴られてしまいました。「外でパンティーを渡すなよ」「やっぱり肉臭い」「これ高かったのに」などと文句を言いながら、やはりグーでボコボコに殴られました。

・あれはDVだったのかもしれない
その後も何度か彼女と会いましたが、会うたびに彼女からグーで暴行を受け続け、結局耐えられなくなって別れを決断しました。どうでしょう。これってやっぱりDVじゃないですか? 当時からDVだとわかって、DVなりの対処をしていれば、きっと別れずに済んだでしょうし、今も彼女と結婚していたはずなのです。

現在は、DVという行為が世間に広く浸透し始めています。DVに悩んでいる人は、DVを受けていると打ち明ける勇気を持つことが大切です。私が彼女から暴行を受けた時代とはもう違うのですから。

もっと詳しく読む: 【暴力事件】 彼女のパンティはいてバイト行ったら彼女にブチギレ激怒されてぶん殴られた件(バズプラス Buzz Plus)

http://buzz-plus.com/article/2018/08/18/panties-baito/
報告: 寺岡英一郎(38歳独身 / 廃品回収業)

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

恋愛・パートナーの新着記事一覧