【大絶賛】甲子園・金足農業の吉田輝星投手がプロも絶句の超級技を披露「わざと球を落としてツーアウトをゲットする神業」


kanaashi

2018年8月18日(土曜日)に開催された夏の甲子園「金足農業 VS 近江」準々決勝で、投手があまりにも巧みで天才的な超級技を披露し、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。全国の野球ファンが大絶賛しているのだ。

・球をキャッチに向かったが
絶賛されているのは、秋田県立金足農業高等学校3年生の野球部投手である吉田輝星君。試合は6回オモテ、ランナーは1塁2塁、近江高等学校の攻撃でバントをしたバッターの球が高く打ち上げられ、金足農業の吉田輝星君がキャッチに向かった。

・ダブルアウトをゲット
簡単にキャッチできるボールだったが、吉田輝星君は「あえて球を落とす」ことにした。地面でバウンドした球を吉田輝星君がキャッチすると、慌てる様子なく冷静に2塁へ送球し、続けて1塁にも送球、ツーアウトをゲットしたのである。


・あえて球を落とすリスク
とっさの判断力だけでなく、冷静に落ち着いた行動により「あえて球を落とすリスク」を選択し、ツーアウトゲットに導いた吉田輝星君。彼だけでなく、今年の金足農業の選手たちはあまりにも冷静な判断力をしていると評価されており、プロ野球界も放っておけないチームなのは間違いない。

・秋田103年ぶりの決勝進出
2018年8月20日(月曜日)の「金足農業 VS 日大三高」準決勝戦でも、吉田輝星君の類まれなる神業とチームワークで勝利。秋田県の高校としては103年ぶりの決勝進出となった。はたして決勝はどの高校が勝利を掴むのか。大きな注目が集まっている。

もっと詳しく読む: 甲子園・金足農業の吉田輝星投手がプロも絶句の超級技を披露「わざと球を落としてツーアウトをゲットする神業」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/20/kanaashi-high-school-baseball-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧