【炎上】漫画サイトのジャンプ+に漫画家がブチギレ激怒「許せない」「生活保護になるんじゃないかってくらい地獄を見た」


image

週刊少年ジャンプ系の漫画サイト「ジャンプ+」(集英社)が炎上しており、多くの人たちから批判の声が集まっている。あまりにもジャンプ+に邪険に扱われ、地獄に落とされた漫画家が「ジャンプ+の実情」を暴露し、炎上しているのである。

騒動の発端は、ジャンプ+編集部スタッフの中路氏がTwitterに書いた言葉。中路氏は自身のTwitterに以下のように書き込みした。

・ジャンプ+編集部の中路氏コメント
「もっと作家さんに戻せるようにインフラ作り頑張ります。ジャンプラで連載してたら嘘やろ? というぐらい稼げるようにしたい思とりますねん」(引用ここまで)

・苦言を呈した漫画家
上記のコメントを書いたところ、かつてジャンプ+に漫画を掲載していた漫画家の「おちR」先生が反応。以下のように苦言を呈したのである。

・おちR先生のTwitterコメント
「ごめん、この言葉だけは許せないので描きます。去年、読切の中で1位取ったら連載しますと言っておいて、実際1位、連載陣まで抑えて全体2位になる。仕事を辞めて連載の準備してたのに一方的に「やっぱり連載させない」と言って地獄に突き落としたジャンプ+が何を今更、作家の事考えてるとか言えるんだ」

「さらに言うと、お陰さまで仕事辞めて、貯金切り崩して生活保護になるんじゃないかってくらい地獄を見ました。ジャンプ+ってとこがそういう容赦の無いとこだと言う事も広まって欲しい」

「誤解が無い様に、この編集さんの中路様は僕の担当ではありません。そこは補足しておきます」(引用ここまで)


manga

・連載の約束を破った編集部の罪は重い
もし、おちR先生が暴露した情報が事実であれば、連載の約束を破った編集部の罪は重い。そんな編集部が「嘘やろ? というぐらい稼げるようにしたい」と豪語していたら、誰だって腹が立つし、真実を暴露したいと考えるのは当然の心理状況だ。以下は、週刊誌連載をしているベテラン漫画家X先生のコメントである。

・漫画家X先生のコメント
「おちR先生の苦悩は理解できます。編集者は給料が毎月出ますが、漫画家は載るまで出ないし、載っても数ヵ月後に支払われるつらい状況。そもそも漫画家と編集者とでは金銭的な危機感が違うのですよ。しかもおちR先生の場合は約束を反故されたのでしょう? 稀にある話ではあるけど、連載が取り消しになったら違う形でフォローするのが編集部の仕事なんですけどね」

・おちR先生の叫びは編集部に届くのか
事実であれば、あまりにも酷すぎるジャンプ+の約束破り。おちR先生の叫びは編集部に届くのだろうか。いま、多くの人たちがジャンプ+編集部の反応や動向に注目を集めている。

もっと詳しく読む: 漫画サイトのジャンプ+に漫画家がブチギレ激怒「許せない」「生活保護になるんじゃないかってくらい地獄を見た」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/22/jump-plus-mangaka-jigoku-news/

※冒頭画像はイメージです

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧