【悲報】人気漫画「大家さんと僕」の大家さん死去 / 作者カラテカ矢部太郎が公表 / 大家さんが電話で矢部に語った言葉とは


ohyasantoboku

人気雑誌「週刊新潮」にて連載し、単行本は55万部を突破するベストセラーとなった漫画「大家さんと僕」(作: 矢部太郎)。作者の矢部太郎先生と、彼が住むアパートの大家さんとのコミュニケーションを描いた実録漫画なのだが、その漫画に登場する大家さんが亡くなったことが判明した。

・漫画の読者の間でも人気のある人物
これは作者であるお笑い芸人の矢部太郎先生が自身の公式Twitterで報告して判明したもの。大家さんは丁寧で優しい性格をしており、漫画の読者の間でも人気のある「実在の人物」だった。

・大家さんの存在が大きい漫画
心が温まる作品の「大家さんと僕」だが、この漫画は大家さんなくして描くことはできない。それほど、大家さんの存在が大きい漫画だった。以下は、矢部太郎先生の公式Twitterコメントである。

・矢部太郎先生の公式Twitterコメント
「大家さんと僕」の読者のみなさまへ 大家さんと僕というマンガのすべてであった大家さんがお亡くなりになりました。もっと話したかったし、聞きたいこともありました。お見送りをしたいまは大家さんと過ごした日々を思い出しながら、ただただご冥福をお祈りするばかりです。大家さんは8月がいちばん好きだと言ってました。理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。そして大切な人達は戦争に取られたくないともおっしゃいました。僕にとって8月は特別な月になりました。最後に、本来ならば公にする必要のない一般の方である大家さんの訃報を僕の都合でこうして公表する事をご理解くださったご親族の皆さまに、感謝いたします」


yabe-ohya

・手術が必要なレベルの骨折
なぜ大家さんが亡くなったのか、その理由は明らかにされていないが、2018年8月23日に発売された「週刊新潮」では、大家さんが右足を骨折し、長く入院していたことが語られていた。手術が必要なレベルの骨折だったらしく、大家さんは矢部太郎先生に電話で「もう転べない」と話したのだそうだ。

・骨折によって立ち上がれない状態に
もう転べないという言葉は非常に深い意味を持つ。高齢なため、骨折によって立ち上がれない状態になってしまったため、「立てないからもう転ぶこともできない」という意味をこめて、そう話したのかもしれない。その骨折が原因で亡くなったのかどうかは不明だ。

yabe
yabe2

・自責の念に駆られるシーン
また、矢部太郎先生は大家さんから電話をもらうまで、大家さんが入院していることを知らなかったそうで、自責の念に駆られるシーンが漫画に書かれている。

くしくも、2018年8月23日に発売された「週刊新潮」には「大家さんと僕」の第一話が再掲載されている。大家さんの正体を知りたい人は必読といえるだろう。

もっと詳しく読む: 人気漫画「大家さんと僕」の大家さんが死去 / カラテカ矢部太郎先生が公表(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/24/ohyasan-to-boku-yabe-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

漫画の新着記事一覧