【衝撃事実】さくらももこ先生が絶望! ちびまる子ちゃんは「アニメ化は不可能」と言われていた事が判明 / その理由とは


chibi-maruko2

国民的人気テレビアニメーション「ちびまる子ちゃん」といえば、昭和時代の古き良き時代と、子どもならではのコミカルな発想力を楽しむことができる、素晴らしいアニメーション作品として絶賛されている。

・いまや国民的アニメーション作品
しかしながら、「ちびまる子ちゃん」はアニメ化が不可能と言われていた事があり、作者であるさくらももこ先生が絶望していた過去があるのをご存知だろうか。いまや国民的アニメーション作品の「ちびまる子ちゃん」だが、アニメ化のハードルは非常に高かったのである。

・アニメ化は不可能と言われていた
どうしてアニメ化が難しいといわれていたのか? その理由は驚くべきものだった。アニメ化が不可能と言われていた理由は、まる子に鼻がなかったからである。鼻がないため、横を向くと不自然になるという理由で、アニメ化が不可能と言われていたのだ。

横を向くモーションが非常に不自然
動物や架空の生物であれば鼻がなくても描写は可能だが、まる子は人間であり、鼻がないと横を向くモーションが非常に不自然になるという。しかし「鼻がなくてもうまく横が向けるようなデザイン」が考案され、いまの放送に至っている。

・まる子がしっかりと横を向いた!
まさに優秀なデザイナーやアニメーターのおかげで「ちびまる子ちゃん」がアニメーション化されたのである。まる子がしっかりと横を向いたシーンは、作者であるさくらももこ先生も感動したとのこと。なんとも微笑ましいエピソードといえよう。

もっと詳しく読む: ちびまる子ちゃんは「アニメ化は不可能」と言われていた事が判明 / さくらももこ先生が絶望した理由(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/08/30/chibi-maruko-anime-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

アニメの新着記事一覧