【衝撃】美人すぎるラーメン二郎マニア・シャイニングデブさん帰国へ / 二郎と蒙古タンメン中本の味が忘れられず緊急帰国か


de-bu

美人すぎるラーメン二郎マニアとして絶大な支持を得ている、シャイニングデブ先生(年齢不詳)をご存知だろうか。78キロのグラマラスなわがままボディ、なんでも飲み込む妖艶な唇、まるで中学生のような童顔、そして毎日のようにラーメン二郎を食べ歩き、あらゆる部分で日本中のラーメン二郎マニア(ジロリアン)を虜にしている、ラーメン二郎界の女神である。

・蒙古タンメン中本もガッツリ食べる
シャイニングデブ先生は日々のラーメンレポートを自身の公式Twitterに掲載しており、ラーメン二郎だけでなく、蒙古タンメン中本などもガッツリ食べていることがわかる。

まさに、ラーメンを食べるために生まれてきた、美人すぎるラーメン女子なのである。

・偏食なのにティーンズのような肌のハリ
シャイニングデブ先生が批評されている点は、ガッツリとラーメン二郎や蒙古タンメン中本を食べまくっていながら、その美貌を保ち続けているという点だ。確かにラーメン二郎も蒙古タンメン中本も絶品だが、連日のように食べていれば、体調を崩したり美貌が崩れてもおかしくない。

しかしながら、いつまでも衰えることなく女子中学生のような若さと、ティーンズのような肌のハリを残しいるのである。しかも、ノーメイク、補正無しというから驚きだ。

・日本のラーメンを忘れられない
そんなシャイニングデブ先生だが、ここ数ヶ月はマレーシアへの長期バカンスに出かけていたことが判明。それでも日本のラーメンを忘れられないのか、日々、現地でラーメンを食べている写真をTwitterに掲載。なんと、インスタントラーメンにまで手を出し、日本のラーメンに対する恋しさを紛らわせていた。

・名前からクアラルンプールが消えた
Twitterには、意識の高い女子大生が「りかちゃん@ニューオリンズにしばらくいます」というニックネームに変更してドヤ顔しているパターンがあるが、シャイニングデブ先生も年頃の乙女。もれなく「シャイニングデブ@クアラルンプール」にニックネームを変更し、裕福な海外生活をドヤ顔でアピールするなど、ほほえましい部分も垣間見えた。

・カンボジアにも遠征
しかし、9月5日現在シャイニングデブさんの名前は「shiningdebu」、クアラルンプールが消えたのだ。なんとカンボジアにも遠征し、現地のグルメを堪能。もちろんラーメン系の料理にも手を出していた。見た目もどことなく二郎を彷彿とさせるラーメンである。

・禁断症状が現れている
新たに入った情報によると、シャイニングデブ先生が「ラーメン二郎や蒙古タンメン中本が食べられない生活に耐えられなくなった」らしく、日本に緊急帰国するというのだ。あくまで未確認情報だが、ラーメン二郎や蒙古タンメン中本が食べられない海外生活がメンタル的に辛くなり、血管の中にラーメン二郎のスープを流し込みたくなる衝動が生まれ、禁断症状が現れているとの事。事実ならば、非常に危うい状況だ。

・3ヶ月で禁断症状が最大化
ラーメン二郎マニアでありヘルシー野菜研究家に意見を伺ったところ「ラーメン二郎を一度連食しはじめると、我慢できても3ヶ月で禁断症状が最大化します。私はシャイニングデブさんが3ヶ月以内に帰国するのは最初から予言していました」とのこと。一刻も早いシャイニングデブ先生の帰国を、ラーメン二郎マニアやファンが待っている。

ちなみに、シャイニングデブ先生は2ちゃんねるマニアで、幼少の頃から2ちゃんねるにハマっていたという。そして現在、彼氏を募集しているとのこと。我こそはという男子はアプローチしてみてはいかがだろうか。

de-bu
de-bu2

もっと詳しく読む: 美人すぎるラーメン二郎マニア・シャイニングデブさん帰国へ / 二郎の味が忘れられず緊急帰国か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/05/shiningdebu-ramen-jiro-news/

執筆:

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧