【悲報】バナナマン日村の16歳少女淫行事件でテレビ番組12本が消滅か「極楽とんぼ山本と同様に芸能界追放の危機」


himura-bananaman1

バナナマン日村の愛称で老若男女に親しまれている、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(46歳)が16歳少女と淫行をしていたことが判明し、本人も「相手を傷つけてしまった」と認めた事件で、新たな情報が入ってきた。

・バナナマン日村にとって背筋が凍るような情報
すでに人気雑誌「フライデー」で大々的に報じられ、インターネット上で拡散。どんどん新たな情報が浮上してきているなか、バナナマン日村にとって背筋が凍るような情報が入ってきたのだ。そう、バナナマン日村が出演しているレギュラー番組12本が消滅する可能性があるのだ。

・バナナマン日村が降板する可能性は高い
バナナマン日村は「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京)や「木坂工事中」(テレビ東京)や「沸騰ワード10」(日本テレビ)など、高視聴率な番組を12本も抱えている。しかし淫行事件が発覚し、本人もそれを認めたとなれば、本来ならば番組が消滅するのが常識だ。最低でもバナナマン日村が降板する可能性は高い。


himura-bananaman

・未成年巻き込む事件に「いまさら」という言葉は存在しない
この事件の被害者である16歳少女は現在30代で、この事件も16年前の出来事だと言われている。しかしながら、刑事事件が時効になろうとも、「当時にバレなかっただけで16年が経過しようとも罪は罪」として考えるのが妥当。

また、心の傷が深いため、何年も時間をおいてようやく言葉に出せるようになることも多く、このような未成年を巻き込んだ事件には「いまさら」という言葉はナンセンスであり、それこそハラスメントといえる。

・極楽とんぼのケースと同等の罪
お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(50歳)は、2006年に未成年の少女に対して飲酒をさせたうえで性的暴行事件を起こした。その後、芸能界から追放され、10年以上が経過し、最近になりコントライブをやるようになったが、テレビ出演には至っていない。

・山本圭壱とほぼ同等の罪の重さ
今回のバナナマン日村の淫行事件も、当時バレなかっただけで山本圭壱とほぼ同等の罪の重さがあると思われる。未成年者に飲酒させ淫行した点においても同じだ。今後、バナナマン日村がテレビに出続けることは難しいだろう。そんな声も出てきている。

・ナイナイ岡村のコメント
ちなみにお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(48歳)はバナナマン日村に対して「日村に彼女がいなかった時期なんてない」とコメントし、複数の女性たちがいたことをコメントしている。

【続報】
【激怒】バナナマン日村の16歳少女淫行事件の影響で浮気も発覚「恋人いるけどキミも好きなんだけどどうしたらいい?」

もっと詳しく読む: バナナマン日村の16歳少女淫行事件でテレビ番組12本が消滅か(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/21/bananaman-himura-tv-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧