【話題】2019年から始まる新年号で新事実 / ほぼ確実に頭文字は M T S H 以外になる「AかWになる可能性高い」


heisei1

現在の天皇陛下が2019年4月30日に退位することになり、2019年5月1日から年号が平成から「新年号」に変わることが確定している。昭和から平成へと年号が変化した際は、昭和天皇崩御からほとんど時間をおかずして発表された。

・近いうち発表される可能性
いま現在、新年号が何になるか発表されていないが「新年号は2018年内に発表される」との情報もあるため、近いうち発表される可能性が極めて高い。

・どんな新年号になる可能性が高い?
そんななか、新年号は少なくとも「M」「T」「S」「H」が頭文字のものにはならないことが、ほぼ確定しているという。ではそれを排除した場合、どんな新年号になる可能性が高いのだろうか。以下は日本の歴史に詳しい人物のコメントである。

・年号考察に関するコメント
「M、T、S、H 以外の頭文字となると、いまのところ W が頭文字の新年号になる可能性が高いと思います。年号の発音の響きや文字の種類として「わ」は親和性が良いのです。しかし「和」という感じは昭和で使用されていますから、それを避けて「A」が頭文字の「あ」が新年号に採用されるかもしれません。「安」や「相」などですね」

・どんな年号になると思う?
どんな新年号になるか大きな注目が朝待っているが、可能ならば2018年のうちに新年号を発表してもらい、日本経済が混乱しないよう配慮してほしいものだ。あなたは、どんな年号になると思う?

もっと詳しく読む: 2019年から始まる新年号で新事実 / 新年号の頭文字は M T S H 以外になるのはほぼ確実(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/26/shin-nengou-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧