【緊急事態】三億円事件の犯人が自白か / インターネット上で手口暴露「府中三億円事件を計画実行したのは私です」


300-million-yen-robbery

1968年12月10日に東京都府中市で発生した三億円事件。ときに三億円強奪事件ともいわれているこの事件は、2018年現在も解決しておらず、そもそも1975年に時効が成立しており、現在は捜査が進められていない。

・この事件は「伝説」ともいえる扱いに
この事件は、株式会社東芝のボーナス約3億円が白バイに仮装した犯人に奪われた事件で、大規模な捜査を進めたものの、犯人特定に繋がる情報があらず、最終的に時効となった。それゆえこの事件は「伝説」ともいえる扱いを受けることになり、複数の小説やドラマなどになった。

・インターネット上で手口を暴露
そんな三億円事件に関するとんでもない情報が入ってきた。みずから三億円事件の犯人のと名乗る人物が、インターネット上で手口を暴露。あまりにも詳細で、白進に迫る内容であるため、本当の犯人なのではないかと言われているのである。


300million-yen-robbery

・名前を「白田」と名乗る
犯人と名乗る人物は、インターネット上で自作の小説を公開できるサイト「小説家になろう」で手口を暴露。名前を「白田」と名乗り、妻の死をきっかけに真相の暴露を決めたという。白田は本編に入る前置きとして以下のように書いている。

・犯人と名乗る人物のコメント
「小説家になろうをご覧の皆さん。この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。——府中三億円事件を計画、実行したのは私です。今なお語り継がれる未解決事件の全貌を、みなさんにお話し致します。府中三億円事件とは、1968年十二月十日、東京都府中市で起きた窃盗事件です。現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現在の東芝)従業員のボーナス約三億円が、偽の白バイ隊員に奪われた事件。当時の三億円は現在の貨幣価値にして約十億円——現金強盗事件としては未だに日本最高額とされています。1975年十二月十日に公訴時効。1988年十二月十日に民事時効。日本犯罪史に名を残す未解決事件、完全犯罪として成立している事件です。その未解決事件の全貌を、まさに今からみなさんにお話し致します」

・はたしてこの自白に警察は動くのか
内容については深く触れずにおくが、ここに書かれていることが事実であれば、1968年に発生し、1975年に時効となり、2018年現在も真相が不明なままの伝説的事件の「新事実」が判明することになる。はたしてこの自白に警察は動くのか、大きな注目が集まっている。

・モンタージュ写真の正体
ちなみに、あまりにも有名すぎる犯人のモンタージュ写真だが、あの顔は「白田の友人の顔」だという。事実であれば、あまりにも衝撃的すぎる。

【続報】
【衝撃】三億円事件の犯人と名乗る男が暴露 / 警察のみ知る情報公開「事件を繋ぐ決定的な証拠」

もっと詳しく読む: 三億円事件の犯人が自白か / インターネット上で手口暴露「府中三億円事件を計画実行したのは私です」(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/02/300-million-yen-robbery-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧