【緊急速報】仮想通貨取引所「Zaif」運営会社が事実上の倒産か / 登録廃止し解散手続を行う予定


zaif-ayame-goriki-coincheck

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨取引所「Zaif」運営会社が、事実上の倒産をする可能性があり、物議を醸している。

・登録廃止し解散手続を行う予定
Zaif運営によると、2018年10月10日(水曜日)に株式会社フィスコ仮想通貨取引所とZaifとの間で事業譲渡契約を締結し、事業が継承されることになったという。そして「弊社は本事業譲渡の手続が完了した後は、仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定です」と断言しており、事実上の倒産を意味している可能性がある。

・剛力彩芽をテレビコマーシャルに起用
Zaifは今までも無数にトラブルを多発させており、行政処分を受けるなど思いペナルティを受けてきた経緯がある。Zaifは美人タレントの剛力彩芽をテレビコマーシャルに起用するなど、派手な集客で会員を増やしてきたが、突如としてトラブルが多発し、多くの人たちが被害を受けた。

・67億円分の仮装通貨流出事件
そんななか、いちばんのトラブルとして「67億円分の仮装通貨流出事件」が発生。流出した仮装通貨のうち45億円が顧客が預けていたもので、多くの人たちがブチギレ激怒。再起不能なのではとささやかれていた。

・譲渡後もいろいろな面で不安が残る
今後、株式会社フィスコに業務が引き継がれるわけだが、ここまで何度も顧客を裏切ってきたZaifだけに、譲渡後もいろいろな面で不安が残る展開なのは間違いない。

もっと詳しく読む: 仮想通貨取引所「Zaif」が事実上の倒産か / 登録廃止し解散手続を行う予定(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/10/zaif-bankruptcy-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧