【衝撃】サウジ人記者カショギ氏が殺害されるまでの時系列が判明 / 恐怖のアサシン集団終結「証拠隠滅のため遺体をバラバラか」


img

トルコのイスタンブールにあるサウジアラビア総領事館で、サウジ人記者のジャマル・カショギ氏が殺害された事件で、彼が殺害されるまでの時系列が判明し、物議を醸している。

・アサシン集団に殺害された
北米に亡命していたジャマル・カショギ氏は、トルコ人女性と結婚の手続きをするため、イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館に出向いたのは2018年9月28日(金曜日)のこと。しかし「10月2日に改めて訪れるように」と言われ、その指示通りにサウジアラビア総領事館を訪れたところ、アサシン集団に殺害された。

・サウジ人記者カショギ氏が殺害されるまでの時系列
9月28日(金) カショギが領事館に入るが出直すように指示される
10月2日(水)12:00 サウジ人15名が領事館に入る
10月2日(水)13:00 カショギが領事館に入る
10月2日(水)15:00 複数台の自動車が領事館から出る
10月2日(水)16:00 領事館「カショギは立ち去った」とカショギ婚約者に言う
10月3日(木) トルコ大統領府「カショギは領事館から出てない」と断定
10月3日(木) サウジ政府「カショギは出ている」とトルコ大統領府を否定
10月8日(月) カショギの支持者が領事館前で抗議活動開始
10月15日(月) トランプ大統領サウジのサルマン国王と電話会談
10月15日(月) トルコ政府が利用時間を捜索
10月16日(火) ポンペオ米国務長官がサルマン国王やムハンマド皇太子と会談
10月20日(土) カショギが領事館内で死亡したとサウジ側が認める


img1

・証拠隠滅のため遺体をバラバラ
現在報じられている捜査状況によると、9月28日(金曜日)に「10月2日に改めて訪れるように」と伝えたのち、サウジアラビア総領事館は本国の指示で早急にアサシン集団を招集。カショギ氏が訪れる時間に合わせてサウジアラビア総領事館に先回りし、その内部で殺害。証拠隠滅のためや運びやすさを考え遺体をバラバラにして処理したともいわれている。

・森に遺体を捨てた可能性
カショギ氏を殺害後にサウジアラビア総領事館から出てたアサシン集団は、森に遺体を捨てた可能性があるため、徹底的に森を捜査しているという。カショギ氏を殺害したことを認めたサウジアラビア総領事館だが、その動機は「ケンカが激化したから」としており、サウジアラビア皇太子の指示によるものではないとしているが、各国の当局はその理由を信用しておらず、真相は闇の中だ。

【続報】
【衝撃】サウジ人記者カショギ氏を生きたままバラバラ切断 / 暗殺集団タバイギ医師が実行「切断から絶命まで7分かかった」

もっと詳しく読む: サウジ人記者カショギ氏が殺害されるまで時系列が判明 / 恐怖のアサシン集団が終結(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/20/jamal-khashoggi-assassin-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

時事ニュースの新着記事一覧