【人体実験コラム】アレルギーがひどいので抗アレルギー薬を個人輸入して複数飲んでみた結果


human-experimental-histamine

あくまで自己責任ということで、アレルギーがひどいので抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)を個人輸入して飲んでみました。1年間飲み続けてわかったことを書いていきたいと思います。

・抗ヒスタミン薬の種類
抗アレルギー薬は花粉、猫や犬の毛、ハウスダスト、食品、洗剤、柔軟剤、あらゆるものが体内に入ったり触れたりすることで、免疫機能が外敵と判断して炎症を起こすのですが、抗アレルギー薬はその現象を抑える薬です。私の場合は花粉や猫や犬などに反応して鼻づまりになったり、湿疹が出たり、のどがゼーゼーすることがあります。

・眠気が強いものとユルいもの
抗アレルギー薬には飲み続けることで効きにくくなるものが多く、しかも種類によって眠くなるものもあります。眠気が強いものとユルいものもあり、どれを飲むか悩みます。抗アレルギー薬としての強さにも近いがあり、どうせなら強めの効果的なものを飲みたい。適切かどうかわかりませんが自己責任で以下のようなペースで飲んでみました。

・抗アレルギー薬の一部
アレロック
アレジオン
エバステル
ザイザル
アレグラ
ポララミン
ザテジン

・抗アレルギー薬を飲むペース
1日目: 朝 エバステル / 晩 アレロック
2日目: 朝 アレジオン / 晩 アレロック
※上記ペースを交互に繰り返す

・眠気が強く表れると聞いたアレロック
エバステルとアレジオンは眠気が弱いと聞いていたので朝に飲み、眠気が強く表れると聞いたアレロックを夜就寝前に飲むことにしました。昼にも飲むべきかもしれませんが、忘れることが多いので、だったら最初から飲むのをやめようと思って昼には飲まずにいました。

・よく眠れる日が増えました
約1年間試した結果、鼻づまりや湿疹が劇的に消えたように思えます。花粉の季節も辛くありません。そもそも不眠症気味だったので、アレロックの副作用で眠気が訪れたのかどうかわかりませんが、よく眠れる日が増えました。試しに朝からアレロックを飲んだらボーッとする感じになりましたが、気のせいかもしれません。

・飲み続けた結果
花粉症にならなくなった
犬猫アレルギーが減った(湿疹や喘息など少しは出る)
夜に眠れるようになった

・つまり結果として
あくまでも自己責任の人体実験ということで、アレルギーがひどいので抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)を個人輸入して飲んでみましたが、私には危険な副作用も出てないので今後も飲み続けようと思いますが、副作用なんていつ出るかわからないのですよね。

human-experimental-histamine

もっと詳しく読む: 【人体実験コラム】アレルギーがひどいので抗アレルギー薬を個人輸入して複数飲んでみた結果(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/21/human-experimental-histamine/

執筆: スタン・リー・ミルグラム

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

スクープの新着記事一覧