【必見】日清のどん兵衛がビジネス書を公開 / ニック・ジューシィの奇跡の一冊が全ページ閲覧可能


1

実力はあるのになぜか目立たない、そういう人は周りにいないだろうか?

日清食品のどん兵衛シリーズにとっては「どん兵衛肉うどん」がそのタイプにあたるようだ。1986年の発売以来、主に西日本で愛されて販売個数を伸ばしてきたが、その地味さゆえに一度も広告を出してもらったことのない「不遇の商品」なのだという。

しかし、ここにきて実力が認められたらしい。史上初の「どん兵衛肉うどん」の広告実施が決定し、ビジネス書『なぜどん兵衛肉うどんは広告しなくても売れるのか?』の特設サイトが公開されたのである。

・どん兵衛のビジネス書?
10月22日10時より、特設サイトで全ページ試し読みが可能な『なぜどん兵衛肉うどんは広告しなくても売れるのか?』。「どん兵衛肉うどん」の軌跡を経済学的な視点から解き明かした一冊で、ツルッとジューシィーな「肉の魔法」を楽しめるとのこと。

2

・著者はニック・ジューシィ氏
著者は、『もし高校野球の男子マネージャーが日清のどん兵衛を食べたら(もしどん)』で名を馳せたニック・ジューシィ氏。アメリカのニクジューグッド工科大学にストレート麺で合格した経歴を持つ人物だ。日本語訳は仁久樹和里氏が担当している。

3

・ライバルをダシ抜く!
「弱肉強食の世界でライバルをつるっとダシ抜く」との文字が踊る広告も作られているのだが……おいおい本気かよ。ニック・ジューシィとかまじであやしすぎるんですけど、と日清食品の今後がかなり心配になったが、やはりというかなんというかこのビジネス書は架空の書籍のようだ。

とはいえ、特設サイトでリアルに試し読みができ、交通広告や折り込みチラシなどのプロモーションも展開されるとのこと。これにより「どん兵衛肉うどん」は全国区の人気となり、きつねうどん、天ぷらそばに次ぐ「第三のどん兵衛」の地位を築けるのだろうか?

もっと詳しく読む: 日清のどん兵衛がビジネス書を公開 / ニック・ジューシィの奇跡の一冊が全ページ閲覧可能(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/10/22/nissin-donbei-niku/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

ネットで話題の新着記事一覧